プロジェクト授業

企業や地域が抱える課題に対し、
経営学の学びを駆使して課題解決に挑む


PBL(Project Based Learning)とは、一般的に問題解決を目的にチームで知恵を出し合う学び方です。
産業能率大学にも PBL方式を採用している授業はたくさんありますが、「SANNO PBL」は、一般的なPBLとは一線を画すもので、
一定の条件を満たしたPBLのみSANNO PBLと呼んでいます。


SANNO PBLの3つの特徴
SANNO PBLでは成功と失敗を繰り返しながら理解を深め、高レベルで課題解決が行えるスキルの養成を目指します。
SANNO PBLのポイント

POINT 1

企業や自治体など
学外の方々とコラボレーションがある

POINT 2

グループで課題に挑み、
現実の解決策を考え、プレゼンテーションする

POINT 3

正解のない問いに挑み、
第三者からの評価を受ける


Pickupプロジェクト!

自由が丘イベントコラボレーション

イベント運営を学べる大学は、おそらく珍しくはありません。しかし、来場者数が50万人というメガイベントを一手に任され、企画立案から開催までの全てを実践する授業がある大学は、きっと無いはずです。この『自由が丘イベントコラボレーション』を受講する学生に与えられるミッションは、毎年10月に2日間開催される「自由が丘女神まつり」の運営を通じて、自由が丘の魅力をプロモーションすること。主催者である自由が丘振興組合や協賛企業各社と協議を重ね、ビッグビジネスを成功へと導く仕掛け人となります。そのプロセスで身につくスキルは、企画力、交渉力、管理能力、行動力、協働力など、挙げればキリがありません。地域のブランド化や多世代間コミュニケーション促進のケーススタディにもなります。学生時代に自分を大きく成長させる、滅多にないチャンスです。

<この授業で身につくチカラ>
■イベント企画の基礎知識
■イベント進行手法
■臨機応変な対応力
■地域社会・企業への交渉力
■グループ活動による協働力

アーティストプロモーション

ライブコンサートの企画、開催、運営を通してチーム力、コミュニケーション力、アーティストの出演交渉力、プロモーション力、計画力、事業推進力、リーダーシップの重要性を体験的に学修します。超実践的なPBLとしてこれまでに学んだ知識やスキル総動員して、ビジネス成功の道を探ります。

<この授業で身につくチカラ>
■マーケティングの専門知識
■マネジメントスキル
■イベントプロモーションの手法
■イベントの収支構造についての理解
■協働力

スポーツプロモーション

横浜DeNAベイスターズとのコラボレーション授業です。イースタン・リーグ横浜DeNAベイスターズ公式戦の観客動員数のアップに向けて、学生たちがさまざまなイベントを企画します。プロスポーツの舞台裏からビジネスマネジメントを体験します。

<この授業で身につくチカラ>
■企画力
■発想力
■プレゼンテーション力
■コラボレーションスキル
■ビジネスマネジメントの手法

エディター養成プログラム

マガジンハウスで、雑誌「BRUTUS」「クロワッサン」「Hanako」などの編集に携わってきた先生から直接、雑誌づくりのノウハウを学びます。企画立案、コンセプトメイキング、調査、プロモーションの方法など、雑誌の編集作業には、経営学で学ぶ業務マネジメントやマーケティングの要素が盛り込まれています。雑誌づくりの「企画」から「制作」までのプロセスを実践するなかで、ネットからではない「生の情報を集め、整理し、表現すること」を学びます。

<この授業で身につくチカラ>
■雑誌編集のノウハウ
■論理的思考力
■フィールド調査の手法
■プロモーションの視点
■文章力

学生起業家輩出プロジェクト

このプロジェクトは、本気で『起業』を目指す学生を輩出する“本当に会社を立ち上げる”ことを目標にした6ヶ月間の学内公開講座です。この公開講座は、(株)ウィルフが提供している「STARTUP ACADEMY」をベースにしたもので6ヶ月間の講座の中で、学生が3回も実際の起業にチャレンジします。 学生の目線をこれまでの「消費者」目線から「経営者」目線に変えることで、PBL授業等で培った提案力を、より現実性の高いレベルに引き上げ、リアルなビジネスで通用する力を身につけます。また、本学では、このプロジェクトをアクティブラーニング、PBLの進化と位置づけ、学生が授業で習得した知識スキルをアウトプットする場として授業との連動を図ります。

<この授業で身につくチカラ>
■起業ノウハウ
■主体性
■チャレンジ精神
■コミュニケーション力
■ストレス耐性
自由が丘スイーツプロモーション
日本を代表する世界的なスーパーパティシエ、辻口 博啓 氏からプロモーションの極意を学び、スイーツの街「自由が丘」としての街のブランディングに取り組みます
ブランドプロデュース
地域商品のブランディングのプロからノウハウを学び、商品プロデュースに挑み、地域創生のきっかけ作りに取り組みます
イベントプロデュース
ビーチバレーボールの普及と選手育成を目的に、学生たちが小学生を対象にしたスポーツイベント「SANNO CUP」を主催します。企画、運営、報道の全てを学生たちが担い、イベントプロデュースのノウハウを学びます。日刊スポーツ新聞社とのコラボレーション授業です
自由が丘コンシェルジュ
自由が丘のシンボリックな存在となった街の案内人『セザンジュ』として活動し、その実体験から「ホスピタリティとは何か」を肌で学ぶことが授業の目的です。毎週日曜日と祝日にはユニフォームを着て街頭へ。ゴールデンウィークに開催されるイベント「スイーツフェスタ」など、来街者で賑わう多くの機会が活動の舞台となります。
世田谷タウンプロジェクト
自由が丘キャンパスがある東京都世田谷区の商店街や企業、地域の学校関係者の方などと連携しながら、実際に地域イベントを企画・運営するプロジェクト型の授業です。 世田谷で行われる地域イベントに参加している企業や団体のCSR活動(社会に対して責任を果たし、ともに発展していくための活動)についての知識と理解を深め、地域に貢献できる社会的活動の重要性とは何かを学びます。
スポーツマーケティングリサーチ
産業能率大学がスポンサー協力をするBリーグバスケットボールチーム、ビー・コルセアーズとのタイアップ授業。学生たちがビー・コルセアーズの公式戦を舞台に、新しいファン層の獲得に向けてプロモーション企画を考えます。