キャリアサポート授業

1年次から4年間かけてキャリア観を育てるSANNO Carrer Support Program

授業で強みやキャリアの軸が明確に!信念を持って就職活動に臨むことができました

(曽根 綾華さん 就職先:株式会社バンダイナムコエンターテインメント 宮城県立迫桜高等学校出身)
就職活動で役立った授業のひとつに「キャリア設計と自己表現」(2年次)があります。働き方だけではなく、キャリア観について実例を通して触れることができたので、自分を見つめ直す良い機会になりました。「自分にとって“働く”とはどんな意味をもつのか?」「社会で何を成し遂げたいのか?」と自問自答を繰り返しました。そして「“生活者一人ひとりにスポットライトが当たる世の中に”を描くために働きたい」と自分の軸が明確になりました。

エンターテインメント業界への単なる憧れだけでなく、信念を持ってアプローチできたので、ワクワクしながら就職活動を進めることができました。面接で「なぜ○○?」と質問される度に、考えながら発言するのが楽しみでしたし、選考会に参加した学生同士で行うグループワークでは、普段の授業の学びを活かし、楽しみながら行うことができました。

産業能率大学で様々な学びと体験を積めたからこそ、夢を実現させることができたと思います。挑戦したいと思えば、機会や環境がある。それがSANNOの魅力だと思います。

キャリアデザイン科目

キャリアを考える(1年次)

自身の将来を考え、働くことに対する認識を深め、意識を確立する
この授業では、アセスメントやワークを通して、自己の社会人基礎力や適性を把握し、自己理解を深めます。また、キャリアを考える上での基礎的な知識を身につけ、自己のキャリア設計について深く考え、キャリアプランシートを作成します。
将来の目標とその実現にはどのような能力が必要かを早期に認識することで、学業の方向性や目標を明確にすることができます。

「キャリア設計と自己開発」「キャリア設計と業界研究」(2年次)

業界や企業を多角的に見る習慣を身につける
どの業界、どの企業にも強みと弱みがあります。そこで、2年次には、業界や企業を調査、分析する習慣を身につけていきます。
1年次に学習したアカデミックスキルやジェネリックスキル、専門知識を統合的に活用し、業績好調な企業のKey Success Factors(KSF=事業成功の主要因)を調査・分析し、調査研究報告書にまとめます。
また、後学期は、業界の発展的要素を調査するチームと、業界の不安要素を調査するチームとに分かれ議論を戦わせることで、広い視野、多角的な視点から業界と企業を研究します。
企業の強みや弱みを理解したうえで、就職活動に臨むことで、より現実的に就職をとらえることができます。そうすることで、就職後の「こんなはずじゃなかった」を防ぐことにもつながるのです。

「キャリア設計と企業研究」「キャリア設計と自己表現」 (3・4年次)

実践的な授業を通して、自らのキャリアを構築する力を養成する
就職活動を進めていくうえで企業研究は避けては通れない道です。企業選択の視野を広げることを目的に、様々な情報リソースを駆使して優良企業の見つけ方を理解し、自分自身が企業を選択する際の具体的な手法を学びます。
また、様々なキャリア理論の理解を深め、自己分析を行うことで、自身の思考パターンや価値観を知るとともに、強みとしてPRできる点や課題を把握します。
ペアインタビューやプレゼンテーション、グループディスカッションを通して、自分自身のライフビジョンを明確化し、どのようなプロフェッショナル・キャリアを作るかを構想します。

就業力プログラム(4年次)

社会人生活をスムーズにスタートできるための心構えやライフプランなどについて理解を深める
就職が内定した学生を対象に開講される、就業サポートプログラムです。企業向けの人事研修や新入社員研修を行っている産業能率大学の社会人教育部門のノウハウを生かし授業を行います。自分自身のキャリア設計に主体的に取り組み、社会人としての自立を目指します。

インターンシップ

インターンシップⅠ(2年次)・インターンシップⅡ(3・4年次)

学んだ知識をビジネスの現場で再認識し、将来の進路選択やキャリア設計に活かす
「インターンシップⅠ」(2年次)では、企業での実習はもちろん、事前の企業・業界研究や事後学習での成果のまとめ、プレゼンテーションまでを授業の一環として行います。
実習を通して、早期に課題を見つけることで、2年次の後期以降の学習目標設定にもつながります。

「インターンシップⅡ」(3・4年次)は、就職活動を視野に入れた長期型のインターンシップです。組織の一人として事業に貢献するという意識を持ちながら、企業で業務を経験します。このような実務経験を通して、専門知識と実践力を磨き、具体的な進路選択へとつなげることができるのです。

詳しくはこちら

資格取得サポート

資格試験の出題範囲をカバーしている「資格取得サポート授業」の設置や、資格取得を目的とした講座の開設、指定の検定試験の成績や資格試験の合格による「単位認定制度」を設けています。
詳しくはこちら