インターンシップ

課題に気づく、可能性を発見する、新たな選択肢と出会う。
実体験が気づきにつながる。

インターンシップとは、学生が在学中に企業で実際の業務を体験することです。

SANNOでは、創立以来、企業実習プログラムを実施しています。実習はもちろん、事前の企業研究や事後学習での成果のまとめ、プレゼンテーションまでを授業の一環として行います。

学習した知識を現実の場面で再認識し、将来の進路選択やキャリア設計に活かすことがSANNOのインターンシップの目的です。

授業として行うインターンシップ

インターンシップⅠ(2年次)

早期に課題を見つけ学び直す
就業体験を目的とした2年次夏期に体験するインターンシップです。
実社会を体験できるインターンシップを2年次に実施することで、早期に課題を見つけ、学び直す機会をもつことができます。

このことが2年次の後期以降の学習目標設定にもつながります。また、実習の達成度を授業で振り返ることで、自己を客観評価するという視点が身につきます。

インターンシップⅡ(3・4年次)

専門知識と実践力を磨き、具体的な進路選択へとつなげる
就職活動を視野に入れた長期型のインターンシップです。
組織の一人として事業に貢献するという意識を持ちながら、企業で業務を体験します。また、インターンシップⅠの実施内容をさらに発展させ、これまで身につけた専門知識やスキルを実務で活用することが求められます。

このような実務経験が、学生の勤労観を充実させ、将来のキャリア形成の方向を導くことができるのです。

Report|学生の声

会社選びの視点が増えたインターンシップ

インターンシップ実習先:株式会社ユーグレナ
遠藤みずき マーケティング学科
千葉県立国分高等学校
実社会でマーケティングの知識が役立つことを実感
「オフィスとはどういうところか?」、「社員の人はどんな気持ちで働いているのか?」そのことを知りたくてインターンシップの授業を履修しました。インターンシップ先として、若い人が活躍するベンチャー企業である株式会社ユーグレナを選んだのも、そうした理由からでした。株式会社ユーグレナは若い人のエネルギーで溢れていました。インターンシップでは、新商品のマーケティング調査という課題が与えられ、大学で学んだ経営学の知識を生かすことができました。それだけでなく、マーケティングにとって重要なアンケート手法など、新しい知識も身につけることができました。
最終日は社長を前にプレゼンテーション
最終日には社長を前にプレゼンテーションを行いました。とても緊張しましたが、これまで大学の授業でも多くプレゼンテーションを行ったこともあり、自信を持ってプレゼンテーションに臨むことができました。
やりたいことを探し、それを就職活動につなげることは、簡単ではありません。それでも自分に合った職場という視点があれば、選択肢は大きく広がります。そんなことが学べた体験でした。

Report|学生の声

希望が外れたからこそ新しい自分に出会えた

インターンシップ実習先:渋谷エクセルホテル東急
井上実咲 経営学科
神奈川県立荏田高等学校出身
都心の人気シティホテルで 実習体験をすることに
インターンシップを経験したことで、自分に対する認識が大きく変わり、視野が広がりました。
授業で実習先を決める際に、私は事務職を希望しました。自分の性格は、どちらかというと内向的で、事務的な仕事が向いていると漠然と思っていたからです。ところが事務職は希望者が多かったため、諦めることに。その代わりに自信はありませんでしたが、シティホテルで実習することにしました。実習先は、都内でも人気が高く、外国人の利用客も多い渋谷エクセルホテル東急でした。
英語による接客は当たり前、 忙しすぎて物怖じする余裕もない
渋谷エクセルホテル東急での実習期間は2週間。その間にベルサービス、カフェ、フロントなどの業務を体験しました。 最初の二日間は、緊張のあまりなかなか自分から行動できないこともありました。それでもホテルが大切にする”フレンドリーなサービス”を意識したことで、少しずつお客様に集中できるようになりました。すると色々なことが見えてきたのです。 仕事は教えてくれるのを待つのではなく、わからないことがあれば自分から働きかける。従業員の方々の外国人観光客に対する接し方と必要な英語力。「失敗したくない」という気持ちが、自分にブレーキをかけていること。向いていないと思い込んでいた接客業を面白く感じる自分がいる。たくさんの気づきがありました。結果として、シティホテルを選んだのは大正解だったのです。この体験から英語力の必要性を痛感し、現在はスカイプを利用してオーストラリアの学生を相手に英会話の練習をしています。
インターンシップ 授業科目
インターンシップⅠ(2年次)では、「ビジネスの基礎知識や理論・スキルの習得」「問題意識を持ちながら学んだ知識やスキルを将来の生活に生かす能力を身につける」「社会人としての基礎的な要素を身につける」ことを目標としています。そのため、実習だけでなく、実習前後の振り返りについても重視しています。