インターンシップ

課題に気づく、可能性を発見する、新たな選択肢と出会う。
実体験が気づきにつながる。

インターンシップとは、学生が在学中に企業で実際の業務を体験することです。

SANNOでは、創立以来、企業実習プログラムを実施しています。実習はもちろん、事前の企業研究や事後学習での成果のまとめ、プレゼンテーションまでを授業の一環として行います。

学習した知識を現実の場面で再認識し、将来の進路選択やキャリア設計に活かすことがSANNOのインターンシップの目的です。

授業として行うインターンシップ

インターンシップⅠ(2年次)

早期に課題を見つけ学び直す
就業体験を目的とした2年次夏期に体験するインターンシップです。
実社会を体験できるインターンシップを2年次に実施することで、早期に課題を見つけ、学び直す機会をもつことができます。

このことが2年次の後期以降の学習目標設定にもつながります。また、実習の達成度を授業で振り返ることで、自己を客観評価するという視点が身につきます。

インターンシップⅡ(3・4年次)

専門知識と実践力を磨き、具体的な進路選択へとつなげる
就職活動を視野に入れた長期型のインターンシップです。
組織の一人として事業に貢献するという意識を持ちながら、企業で業務を体験します。また、インターンシップⅠの実施内容をさらに発展させ、これまで身につけた専門知識やスキルを実務で活用することが求められます。

このような実務経験が、学生の勤労観を充実させ、将来のキャリア形成の方向を導くことができるのです。

学生の声

2年次のインターンシップが将来を考える転機に

インターンシップ実習先:株式会社ファストコム
石井 友理 経営学部2年
神奈川県立金井高等学校出身
インターンシップ先で“地域創生”の面白さを実感
高校時代は旅行先で味わった“人と触れ合う魅力”を広く発信したいとの思いから、旅行会社で働きたいと考え、大学では経営学科のホスピタリティコースを選択しました。
大学で旅行業や観光業について学ぶうちに“地域創生”に興味を持つようになりました。
そのようなときに、将来を考える転機が訪れたのは、2年次の夏のインターシップでのことでした。

私は、2年次の「インターンシップⅠ」で、日本の伝統工芸を紹介する動画メディア『ニッポン手仕事図鑑』を運営している、株式会社ファストコムで実習を行いました。
2週間の実習期間中、プレスリリースや学生目線でのSNS投稿など、様々な業務を体験することができました。なかでも貴重な経験だったのは、地域に根付く伝統工芸の職人の方々の取材に携われたことです。高校時代に感動した“人と触れ合う魅力”を再確認しただけでなく、“地域創生”に対する考え方や視野が広がりました。
仕事とは“与えられるもの”ではなく“創り出すもの”
インターンシップでは、仕事に対する意識も変化しました。
ファストコム社の方々は、常に「石井さんはどうしたい?」と私の考えを聞いてくださいました。このことで、自分自身で考え、発信するという意識付けができました。
また、仕事で作成する企画書では、自分が伝えたいことではなく、提案する相手の課題、ニーズを第一に考えなくてなりません。課題の分析から提案までの難しさを味わうとともに、創意工夫の楽しさを実感することができました。
これらの経験から、仕事は“人から与えられるもの”ではなく“自ら創り出すもの”であると気づかされました。

授業での実習がきっかけとなり、現在もファストコム社でインターンシップを継続しています。大学とインターンシップを両立させる忙しい日々ですが、毎日が充実しています。
やりたいことを見極め、将来について考える機会を、2年次という早いタイミングで持てたことに感謝しています。

会社選びの視点が増えたインターンシップ

インターンシップ実習先:株式会社ユーグレナ
遠藤 みずき 経営学部2年
千葉県立国分高等学校出身
実社会でマーケティングの知識が役立つことを実感
「オフィスとはどういうところか?」、「社員の人はどんな気持ちで働いているのか?」そのことを知りたくてインターンシップの授業を履修しました。インターンシップ先として、若い人が活躍するベンチャー企業である株式会社ユーグレナを選んだのも、そうした理由からでした。株式会社ユーグレナは若い人のエネルギーで溢れていました。インターンシップでは、新商品のマーケティング調査という課題が与えられ、大学で学んだ経営学の知識を生かすことができました。それだけでなく、マーケティングにとって重要なアンケート手法など、新しい知識も身につけることができました。
最終日は社長を前にプレゼンテーション
最終日には社長を前にプレゼンテーションを行いました。とても緊張しましたが、これまで大学の授業でも多くプレゼンテーションを行ったこともあり、自信を持ってプレゼンテーションに臨むことができました。
やりたいことを探し、それを就職活動につなげることは、簡単ではありません。それでも自分に合った職場という視点があれば、選択肢は大きく広るということに気づけた経験でした。
インターンシップⅠ 実習後の振り返り
インターンシップⅠ(2年次)では、「ビジネスの基礎知識や理論・スキルの習得」「問題意識を持ちながら学んだ知識やスキルを将来の生活に生かす能力を身につける」「社会人としての基礎的な要素を身につける」ことを目標としています。そのため、実習だけでなく、実習後の振り返りについても重視しています。