学校推薦型選抜

あなたのこれまでの頑張りを評価する学校推薦型選抜

公募制方式一般推薦(併願型)の試験当日は基礎学力テストのみで、一次手続金(入学金)返還制度も活用可能!

自分に合った入試を探そう!

入試概要




総合型選抜TOPページはコチラ

2025年度学校推薦型選抜 日程一覧

試験日
試験区分
学科
出願期間
合格発表
入学手続期間
11月17日
(日)
 現代マネジメント 
【WEB出願】
11
月1日(金)~11月11日(月)
12月1日
(日)
12月2日(月)~12月24日(火)
11月24日
(日)
 現代マネジメント 
【WEB出願】
11
月1日(金)~11月19日(火)
12月1日
(日)
12月2日(月)~12月24日(火)
【二次手続期限】
2025年2月20日(木)
11月17日
(日)
指定校方式
 経 営 
 現代マネジメント 
【郵送】
11
月1日(金)~ 11月8日(金)
12月1日
(日)
12月2日(月)~12月24日(火)
※公募制方式一般推薦(併願型)の自己記述書は、オンラインシステム(JBS)にて提出します。

公募制方式 合格者の声

原田 茉奈
神奈川県立秦野曽屋高等学校
情報マネジメント学部 現代マネジメント学科
入試期
学校推薦型選抜 公募制方式一般推薦(専願型)
志望理由
中学生の頃、産業能率大学を見学する機会があり、地元の大学ということで興味を持っていました。進路を考えたときに「将来は商品の企画開発をやってみたい」と考えたこと、産業能率大学ならではの学びとつながったのです。ここならマーケティングやSNSの活用などを実践的に学べると思い、志望を決めました。
公募制方式での受験を決めた理由
指定校方式で受験したいと考え、しっかり成績を取ることを自分に課して来ました。ところがいざというときになって校内選考で漏れてしまったのです。「どうしたらいいのだろう?」と途方に暮れて進路の先生に相談したときに勧められたのが公募制方式でした。

高校時代は卓球部に所属し、3年生では副部長を務めました。打ち込んできた経験が活かせる入試と聞いて、受験を決めました。

公募制方式での受験を考えている方へ
私は早くから産業能率大学に興味を持ってオープンキャンパスやイベントに参加していたので、そこで感じた魅力を素直に志望動機にまとめました。

面接は不安でしたが、進路の先生と1対1で何度も練習するうちに話す内容が固まってきました。内容を丸暗記するのではなく、会話重視の練習ができたことが良かったと思います。

メッセージ
高校時代に頑張ってきたことをそのまま評価してもらえるのが公募制方式の魅力だと思います。自分のやってきたことを振り返り、何を目標にしてきたのか、がんばった結果どんな力が身についたのか、自信を持って挑戦してください。