資格取得サポート

資格取得をバックアップ
自分自身とじっくり向き合い、自分の将来を描く力を身につける

ビジネスで重要視される資格の取得をバックアップするサポート体制

✏キャリアアッププログラム
資格取得支援のためのプログラム「キャリアアッププログラム」を導入し、学生のSTEP UPを強力にサポートしています。

✏資格取得サポート授業
資格試験の出題範囲をカバーしている授業や、資格取得を目的とした講座などがあります。

✏単位認定制度
指定の検定試験の成績や資格試験に合格した場合、単位認定できる制度があります。

学生の声

経営学との関連性の高い資格にチャレンジ

(齋藤 義仁 経営学部 横浜市立横浜商業高等学校出身)
【資格取得:日商簿記2級・FP2級(ファイナンシャル・プランニング技能士)】
1年次に履修した日商簿記3級の授業と、2年次にFP3級(ファイナンシャル・プランニング技能士)の対策授業を履修したことがきっかけで、会計系、金融系の資格取得に興味を持ちました。
簿記の知識があると企業の健康状態を数字から分析することができます。一方でFPは個人が持つ資産や収入と照らし合わせて、将来設計のお手伝いができる資格です。授業の内容がわかりやすかったこと、経営学との関連性が高かったこともあり、それぞれの資格の勉強は面白く、苦労を感じずに資格を取得することができました。
さらに、簿記の知識は、企業の財務状態を分析しながら、自分の視点で優良企業を探すなど、就職活動を進めるうえでも有効活用できました。また、会計系、金融系の資格は、数字に強いことの客観的な証明にもなるため、就職活動においても大きな武器になったと感じています。

PC資格の「世界大会」に挑戦!「MOS学生世界大会」日本代表候補に

(荒井 基志 経営学部2年 神奈川県立秦野高等学校出身)
【資格取得:MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト】
大学に入学したら「人に誇れる能力を身に付けたい」と思い、高校時代から得意だった表計算ソフトのExcel(エクセル)の勉強に取り組みました。数式や関数を用いた演算や、高度な機能を使いこなしてグラフやデータベースの作成などができれば、自分の強みとして社会でも活かせると思ったからです。
必修の授業科目「Excel演習」で、データの集計や、分析結果のビジュアル表示などをマスターしました。その後より高度なスキルを求められる資格「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」に挑戦し、授業中に模擬演習を繰り返した結果、優秀な成績で合格することができました。

MOSに合格した私は、指導してくださった先生からの勧めで「MOS学生世界大会の日本代表」に挑戦しました。Excelのスキルを試される1次選考をクリアし、日本代表候補となる上位20人に入ることができました。そして、最終の2次選考へ。先生方から多大な指導を受けて挑んだものの、惜しくも日本代表からは漏れてしまいました。しかし、結果を聞いたときも晴れ晴れした気分でした。挑戦の結果よりも、そのプロセスに多くの収穫があったからだと思います。これからも様々なことに挑戦していきたいと思います。

資格取得サポート授業