イベントプロデュース

  Mission! 
ビーチバレーボールの普及を目的に、日刊スポーツ新聞社とスポーツイベントを主催!

学生が新聞社とのコラボレーションでスポーツイベントを主催する授業。開催にいたるまでの軌跡を学生自身が記録し、紹介します。

Lecture|この授業のポイント

<イベントプロデュースとは?>
ビーチバレーボールの普及を目的に、小学生を対象にしたスポーツイベント「SANNO CUP」を学生が主催します。日刊スポーツ新聞社とのコラボレーション授業で、スポーツイベント開催のノウハウを幅広く学びます。
<この授業で身につくチカラ>
■イベントプロデュースの手法
■交渉力
■発想力
■イベント開催の実践力
■プロフェッショナルとの協働
<授業のプロセス>
イベントプロデュース授業の流れ
step1
プロデュースおよび企画について学ぶ
日刊スポーツ新聞社主催のイベントに参加、スポーツイベントの運営について学ぶ
「SANNO CUP」の概要および活動計画の検討
「世界陸上」をテーマにスポーツイベントのマネジメントを学ぶ
新聞記事の書き方、報道写真の撮影方法について学ぶ
step2
プロフェッショナルの現場を体験する(実践)
外部団体主催イベントに参加、イベントと報道の連携について学ぶ
step3
イベント主催者として「SANNO CUP」をプロデュース
統括チーム、広報チーム、運営チーム、報道チームごとに、SANNO CUP開催に向けて準備を行う
※SANNO CUPとは・・・小学生を対象にしたビーチバレーボール大会で、神奈川県、東京都を中心に強豪バレーボールチームが湘南キャンパスに集結します。将来的には、全国小学生ビーチバレーボール大会の開催を視野に入れています。
step4
SANNO CUPの開催
step5
日刊スポーツ新聞に記事を掲載
<2020年度 SANNO CUP>

Report|学生の声

メンバー間の意思疎通が鍵を握る。納得できるまで、みんなで話し合う
イベント統括 / 内海 智恵子 情報マネジメント学部 神奈川県立 岸根高等学校出身

イベントの開催に向けて、全体の進捗管理を行う統括リーダーを担当することになりました。この役割を任されて、人をまとめることの難しさを痛感しました。特に今年はコロナ禍の影響で授業がオンラインになり、学生間のコミュニケーションが取りにくいという不安材料がありました。
そんな中で意識したのが情報共有と納得感です。「いつまでに何をどのようにやるべきか」、「やるべきことが期限内にできているのか」といった確認する前に、「何のためにやるのか」といった目的について徹底的に議論するようにしました。
計画遂行を焦るよりも、みんなで来場者が満足するイベントをつくりあげ、達成感を味わいたいと思ったからです。
新型コロナ感染症への対応を最優先に 現場マネジメントに徹する
オペレーション担当 / 宮園 日加里 情報マネジメント学部 鹿児島鹿屋市立 鹿屋女子高等学校出身

オペレーションの役割はイベント開催当日の運営管理です。通常は「試合がスムーズに進んでいるか?」、「参加者が安全にイベントを楽しめているか?」などへの注意が中心です。
そこに今年は新型コロナ感染症への対応が加わりました。選手にソーシャルディスタンスの確保を促す、人数制限の確認、試合終了後のベンチの消毒など、前例がないうえにやるべきことが格段に増えました。精神的にも肉体的にも苦しい時もありました。しかしイベント企画を学ぶ上で、想定外の事態に対応するという貴重な体験が積めたと思っています。
ゲームを楽しんでもらいつつ、 衛生管理を徹底してもらう
マニュアル担当 / 狩野 明日香 情報マネジメント学部 長野県私立 東京都市大学塩尻高等学校出身

今年は新型コロナ感染症対策に関する規約を掲載するために、日本バレーボール協会や日本小学生バレーボール連盟などと連携する必要がありました。
イベントを心から楽しんでもらうために大会ルールは不可欠です。また、安心してイベントに参加できるよう、主催者側が衛生管理に重きを置いていることをしっかりと伝えなくてはなりません。マニュアル作りは、主催者としてだけでなく参加する人や関係者の立場から考える必要が
ある。そのことをこの授業を通して学びました。