アーティストプロモーション

学生がゼロからライブイベント企画!アーティストプロモーション全編

イベントコンセプト、会場選定、チケット価格、アーティストへの出演交渉…ゼロからライブイベントを創る実践型プロジェクト授業に挑む学生たちの姿を、ライブ本番まで追いかけます。

  Mission! 
本物のライブコンサートを教材にリアルなビジネスを学ぶ

Lecture|この授業のポイント

経営学の知識を総動員し、ライブの成功に向け、全力を注ぐ

<アーティストプロモーションとは>
ライブイベントの企画運営をプロにアドバイスを受けながら、学生がゼロから作り上げる授業です。ライブの企画、開催、運営を通してチーム力、コミュニケーション力、アーティストの出演交渉力、プロモーション力、計画力、事業推進力、リーダーシップの重要性を体験的に学修。 この経験を通してプロジェクトマネジメント、組織マネジメントの重要性を学びます。
<この授業で身につくチカラ>
■マーケティングの専門知識
■マネジメントスキル
■イベントプロモーションの手法
■イベントの収支構造についての理解
■協働力
<授業のプロセス>
アーティストプロモーション授業の流れ
step1
ライブイベント運営のノウハウを学ぶ
step2
ライブイベントのコンセプトを決める
step3
●アーティストの出演交渉を行う
●企業に対して協賛金を募る
●観客動員のためのプロモーションを行う
●フライヤー、チケットのデザイン制作・  印刷発注を行う

step4
チケット販売・ライブコンサート開催の準備
step5
●ライブイベントの設営、運営を行う
●イベントの収支から次回の課題を明らかにする


<2021年度アーティストプロモーション>
「愛を伝えるライブ」をテーマに、横浜ベイホールでライブを開催。前年度はオンライン配信形式であったため、2年ぶりの対面ライブとして観客に生の演奏を届けました。

■イベントタイトル:Love is___
■テーマ:愛を伝えるライブ
■開催日:2021年12月10日
■出演アーティスト:The Cheserasera / KALMA
■会場:横浜ベイホール

Report | 学生の声

計画性、決断力、課題対応力・・・
「リアルな緊張感」があったことで、必要性を痛感しました

石川 優菜 経営学部 神奈川県川崎市立幸高等学校出身
イベントプランナーの仕事や視点について学びたいと思ったことが、この授業を履修した理由です。これまでは、音楽ファンとしてライブイベントを楽しんできましたが、ビジネスとして関わるイベントプランニングは、想像を超える難しさがありました。すべてが初めての経験という中で、迅速に判断をしなければならないことに一番のプレッシャーを感じました。現場ではさまざまなことを決めなくてはならず、独特の緊張感に押しつぶされそうになりました。ライブイベントの収入源は、チケット販売、クラウドファンディング、協賛金の3つでした。一方で経費は、アーティストの出演料、ライブハウスの使用料、チケットやフライヤーの印刷費などがあり、総額を算出したところ、自分では取り扱ったこともない金額になっていました。収入を得られる保証がないにもかかわらず、経費について先に決裁をしなくてはならない。不安な気持ちを抱えながらライブイベントの準備を進めましたが、最後はメンバーの頑張りもあり、無事収益を出すことができました。また、出演者の方々にも喜んでいただけました。一方で、計画力、決断力、メンバーをまとめるコミュニケーション力、課題対応力など、今の自分に足りないものにも気づかされました。この経験を糧に、自分に不足していた知識やスキルの修得に努めたいと思います。