アーティストプロモーション

学生がゼロからライブイベント企画!アーティストプロモーション前編

イベントコンセプト、会場選定、チケット価格、アーティストへの出演交渉…ゼロからライブイベントを創る実践型プロジェクト授業に挑む学生たちの姿を、ライブ本番まで追いかけます。

  Mission! 
本物のライブコンサートを教材にリアルなビジネスを学ぶ

Lecture|この授業のポイント

知識とスキル総動員して、ビジネス成功の道を探る

<アーティストプロモーションとは>
ライブコンサートの企画、開催、運営を通してチーム力、コミュニケーション力、アーティストの出演交渉力、プロモーション力、計画力、事業推進力、リーダーシップの重要性を体験的に学修します。超実践的なPBLとしてこれまでに学んだ知識やスキル総動員して、ビジネス成功の道を探ります。
<この授業で身につくチカラ>
■マーケティングの専門知識
■マネジメントスキル
■イベントプロモーションの手法
■イベントの収支構造についての理解
■協働力
<授業のプロセス>
アーティストプロモーション授業の流れ
step1
企画会議・予算設定
●コンサートのコンセプトを決める
●必要な費用の算出
●プロモーションの手法と効果について学ぶ
step2
役割分担
●事務局(全体のマネジメントを担当
●渉外局(出演交渉、協賛金の交渉などを担当)
●宣伝局(プロモーション、広報宣伝を担当)
step3
チケット販売・ライブコンサート開催の準備
step4
コンサートの開催
step5
コンサート収支の決算と振り返り

学生が紹介!本物のライブコンサートを学生たちで企画・運営する授業「アーティストプロモーション」とは!?
<2020年度アーティストプロモーション>
コロナの影響で、学校や部活動などの青春が失われてしまった高校生に向け、「青春を届けるフェス」をコンセプトにライブイベントを実施。3組のアーティストによるライブのほか、さまざまな大会が中止となっている高校生の部活動成果発表の場として、川崎市立高津高等学校書道部による書道パフォーマンスを企画。イベント当日は、横浜ベイホール(横浜市中区)から、ライブの様子をオンラインで配信しました。

■イベントタイトル:Nij!
■テーマ:青春を届けるフェス
■開催日:2020年12月9日
■出演アーティスト:GORI / HEADLAMP /サヨナラの最終回 書道パフォーマンス:川崎市立高津高等学校書道部
■配信方法:イープラスが運営する視聴チケット制のストリーミング・サービス「Streaming+」

Report | 学生の声

ピンチから生み出された「前例に捉われない運営方法」

星島 萌 経営学部 岡山県作陽高等学校出身
今だからこそ意味がある「音楽ライブの形」を試行錯誤
高校時代は音楽コースで学んでいたこともあり、この授業を履修したくてSANNOを選びました。しかし新型コロナ感染症の影響で、例年企画されてきた形態でのライブコンサートはできなくなりました。私たちは「今だからこそ意味がある音楽イベントを開催できないだろうか?」と試行錯誤を重ねました。落胆しているのは私たちだけではない。学校生活を送っている全ての学生も同じです。そこで「青春を届けるフェス」をコンセプトとしたオンラインライブを企画しました。どんな時代でも前を向いて進んでいく、そんなエールを届けたいと思い、開催に向けて準備を進めました。しかし開催までの道のりは、予想以上に苦労の連続でした。初めての試みであること、過去に蓄積されたノウハウが参考にならないこと。まさにゼロからのスタートでした。ライブの開催形式を決めるにしても、一筋縄にはいきませんでした。感染の影響、運営の方法、費用の捻出・・・。あらゆる観点から選択肢を検証しました。また、途中段階で想定外のアクシデントもありました。開催を予定していたライブハウスが、コロナ不況によって閉店に追い込まれたこともその一つです。
新しいイベントの形が見えてきた
私は、アーティストブッキング責任者として授業に携わりました。活動自粛や先行きの不透明さから、ほとんどのアーティストから良いお返事をいただけませんでした。 時間が刻々と過ぎていく中で私たちのチームが出した結論は、「ライブの目的やコンセプトを地道に伝えていくしかない」ということでした。そしてプレゼンテーション動画を用意し、熱意を伝えることにしました。出演依頼をしたいアーティスト毎にオリジナルの動画を制作し、20 組以上のバンドにアプローチしました。そんな努力や工夫が実り、ライブ当日は3 組の出演が決定。「皆さんの熱意に動かされて決断しました」とお返事をいただいた時の嬉しさは、言葉に言い表せません。振り返れば、コロナ禍での開催だったからこそフライヤーでの宣伝を止め、Instagram 広告を活用してプロモーションする。チケット収入ではなく、クラウドファンディングで会場費や出演料を捻出するなど新たなノウハウを蓄積することができました。 「ピンチは、チャンスに変えられる」、「諦めなければ方法はある」。そう知り得たことが、この授業の収穫です。