経営学科

ホスピタリティコース

ビジネスの場における「おもてなしの心」を考え

ホスピタリティ産業の基本的知識を
身につけ、


マネジメント手法であるサービス・人材・情報について学びます。

学びのポイント

ホスピタリティという言葉が意味するものは、おもてなしの精神に留まりません。サービス業を成功へと導くビジネススキルとも言えます。このコースでは、コミュニケーション力・状況判断力・協働力など、接客のプロフェッショナルに求められるスキルを総合的に身につけます。また、観光業、旅行業、小売業、飲食業などの現場において、「お客様にとって、今、何が大事なのか」ということを最優先に考え、行動に移すことができるビジネスパーソンを育成します。

専門科目

ホスピタリティサービス
 ホスピタリティサービスを重要視しているホテル業、飲食サービス業に焦点をあて、サービスマーケティング、人材育成、情報技術との関連性について考察を深めます。
ケースで学ぶホスピタリティビジネス
ホスピタリティサービスで成功を収めている企業の事例研究を通して、事業におけるホスピタリティの重要性を考察します。
自由が丘コンシェルジュ
産業能率大学の学生が自由が丘の案内役を務める「セザンジュ」の活動に参加します。街の案内役としてだけではなく、街の防犯と来街者の安全を担う一員としての知識やスキルについても学修します。
ホスピタリティと接客サービス
接客サービスのノウハウが詰まったサービス接遇検定準一級資格取得を目標に、接客サービスに重きを置く業界について実践を交えながら理解を深めます。
サービスマネジメント
サービスを商品とするビジネスについて理解を深めるとともに、今後世の中が求めるサービス業のあり方について考察します。
英語で学ぶホスピタリティ
2020年に開催される東京オリンピックを前に、日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加しています。また日本の「おもてなし」の精神は、世界から注目を集めています。グローバルに活躍できる人材の育成を目的に、英語力の強化を図ります。
 

Student Interview

菊田 菜々子 2年 神奈川県私立 横浜隼人高等学校出身
1週間のスケジュール(2年次) 
自由が丘にまた来たい。その理由の一つがセザンジュでありたい
観光業やサービス業に興味を持っていたことが、このコースを選んだ理由です。現在は自由が丘の案内人 =セザンジュの副代表兼広報として、新たな活動にチャレンジしています。現在その施策として、小さなお子 さんを連れたお母さん、車椅子でお越しのお客様が安心して街を利用できるように、さまざまな店舗リ サーチを行い、「お困りマップ」を作りました。ホスピタリティの学びを通して、相手を理解する能力、ニーズ を察知できる力を鍛えています。

■Pickup授業!

自由が丘コンシェルジュ
私がセザンジュの活動に興味を持つきっかけとなった授業です。授業履修者は、まずGW中に行われる自由が丘のイベントスイーツフェスタで、サークルの先輩たちの指導を受けながら、セザンジュの活動を体験します。教室で学んだ知識を、実戦で試す貴重な機会です。