経営学科

ホスピタリティコース

ビジネスの場における「おもてなしの心」を考え

ホスピタリティ産業の基本的知識を
身につけ、


マネジメント手法であるサービス・人材・情報について学びます。

学びのポイント

ホスピタリティという言葉が意味するものは、おもてなしの精神に留まりません。サービス業を成功へと導くビジネススキルとも言えます。このコースでは、コミュニケーション力・状況判断力・協働力など、接客のプロフェッショナルに求められるスキルを総合的に身につけます。また、観光業、旅行業、小売業、飲食業などの現場において、「お客様にとって、今、何が大事なのか」ということを最優先に考え、行動に移すことができるビジネスパーソンを育成します。

専門科目

ホスピタリティサービス
 ホスピタリティサービスを重要視しているホテル業、飲食サービス業に焦点をあて、サービスマーケティング、人材育成、情報技術との関連性について考察を深めます。
ケースで学ぶホスピタリティビジネス
ホスピタリティサービスで成功を収めている企業の事例研究を通して、事業におけるホスピタリティの重要性を考察します。
自由が丘コンシェルジュ
産業能率大学の学生が自由が丘の案内役を務める「セザンジュ」の活動に参加します。街の案内役としてだけではなく、街の防犯と来街者の安全を担う一員としての知識やスキルについても学修します。
ホスピタリティと接客サービス
接客サービスのノウハウが詰まったサービス接遇検定準一級資格取得を目標に、接客サービスに重きを置く業界について実践を交えながら理解を深めます。
サービスマネジメント
サービスを商品とするビジネスについて理解を深めるとともに、今後世の中が求めるサービス業のあり方について考察します。
英語で学ぶホスピタリティ
日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加しています。また、日本の「おもてなし」の精神は、世界から注目を集めています。グローバルに活躍できる人材の育成を目的に、英語力の強化を図ります。
 

学生の声

斎藤 青空 2年 茨城県立 牛久栄進高等学校出身
「ホスピタリティ× ビジネス」が広げる、将来の可能性
ブライダル業界で働くことにずっと憧れていました。人生の晴れ舞台に立つお客様のニーズを感じ取るには、ホスピタリティについて理解を深める必要がある。そう考えてこのコースを選びました。「自由が丘コンシェルジュ」をはじめ、接客サービスの目には見えない本質や価値を、実体験をもとに学べる授業が多いことは大きな魅力です。それに加えて、経営という観点からサービス産業の事例を幅広く研究できることです。ホスピタリティとビジネス、両方を学ぶことで視野が広がり、ブライダル業界以外にも関心を持つようになりました。今後もいろいろな学びに挑戦し、将来の可能性を広げていきたいと思っています。

Pickup授業!

自由が丘コンシェルジュ
正しく敬語が使えること、お客様の不安を取り除き安全を守ることも接客サービス従事者の務めであるなど、ホスピタリティについて深く考える機会になりました。