経営学科

グローバルコミュニケーションコース


多様性を受け入れ、共に進む力を育て

異文化を理解しグローバル社会を生き抜くためのマインドを学び

"英語"を使うことに重点を置き、伝えることをゴールとする

学びのポイント

急速に進展するグローバル時代にあって、ビジネス社会や多くの企業では英語でのコミュニケーション力はもちろんのこと、異文化や異なる価値観を有する人々と協調する力が求められています。グローバルコミュニケーションコースでは、世界をフィールドに学習し、事例を踏まえてグローバル展開企業の活動の実情などを学び、ディベートや交渉力、プレゼンテーション能力を身につけ、将来グローバルに活躍できる人材を育成します。

コース専門科目

グローバル スタディーズ入門
たとえば企業のグローバル化を考えると、国籍は日本の企業であっても、働く人は世界中から集まっているということです。グローバル社会で活躍できる人材について理解を深めます。
異文化コミュニケーション
自分の国では当たり前のしぐさでも、国によっては失礼にあたることがあります。英語の言い回し一つで誤解が生じることもあります。、価値観や文化が異なる人々とのコミュニケーションのあり方について考察します。
グローバルビジネスプロジェクト
グローバルコミュニケーションコースで学んだ知識を総動員し、グローバルなビジネスを取り巻く環境およびグローバル経営についての知見を深めていきます。
Presentation in English
日頃、日本語の授業で実施しているプレゼンテーションを、英語で行います。言葉が変わっても、相手にわかりやすく伝えるという技術は一緒です。ビジネスにおける英語の表現法について学びます。
ケースで学ぶ グローバルビジネス
なぜ企業はグローバル化を進めるのか。グローバル化することによって企業はどのように変化していくのかなど、グローバル展開を進めている企業を事例に、ビジネス社会の変化について考察します。
英語で交渉 ネゴシエーション
グローバル化する社会では、英語が共通語になります。つまりビジネス上の取引も英語で行うことになります。英語を使って交渉(ネゴシエーション)できる力を養います。
 

Student Interview

小澤 遥 2年 埼玉県立 浦和西高等学校出身
1週間のスケジュール(2年次)
世界から観るという視点を養い、積極性を身につけたい
英語力を高めるとともに積極的な自分になりたい。このコースを選んだ理由です。「ポピュリズム化する世 界」、「世界情勢と日本の対応」など、このコースで最初に問われるのは、世界が抱える社会問題に関心を持 ち、自分なりの意見を持つことです。さらに後半に入ると、自分の考えを英語で伝えるスキルを磨いていき ます。英語のみの授業もありますので、英語は日常的に使います。またこのコースを選択したことで、物事 について深く考える力、考えをまとめる力、伝える力などが鍛えられたと感じています。

■Pickup授業!

Presentation in English
ディスカッション形式で、全ての講義が英語で行われます。先生からの質問に対し自分の意見も述べなくてはいけないため、授業中は気を抜くことができません。さまざまな価値観に触れ、視野が広がるとともに人前で話すことの抵抗感がなくなりました。