経営学科

ビジネスリーダーコース

カリスマでも、権力者でもない、

チームで問題を解決できる人。

新しい時代のリーダーの要素について
実践的に学ぶ

学びのポイント

現代のビジネス界では、日々変化する環境の中で、ビジネスを創り出し、将来に向けて舵取りをする人材が求められます。業界や職種を問わず、さまざまな組織において、企業や組織の業績の発展に向けて意見を提案したり、現状をしっかりと分析してその中から進むべき方向を定めたり、解決すべき問題を発見、解決することが必要です。ビジネスリーダーコースでは、現代に求められるリーダーシップのあり方を理解して、課題の発見・解決方法を見つけ、チームのメンバーや関係する部門の人たちに働きかけ、チーム力を育成し、仕事のプロジェクトの遂行を行えるスキルや知識を修得します。

専門科目

 
リーダーシップベーシック リーダーシップを構成する主な要素(主体性、先見性、計画立案力、課題発見力、意見調整力など)を学びながら、自分なりのリーダーシップについて考えます。
コーチングスキル養成講座 コーチングの対象は、相手にあります。問題を抱える人に発見と気づきを促し、自ら答えを出せるようにサポートするコミュニケーションのスキル、コーチングについて学びます。
ロジカルシンキング実践 メンバーを建設的な方向に巻き込む「リーダーシップ」を育成するために、「論理的に考える力」と「チームで考える力」を伸ばします。知識定着を目指すAL型授業、活用型のAL授業を通してビジネス・リーダーに必要な「思考力」を鍛えていきます。
リーダーシップアドバンスト リーダー一人が問題を解決するのではなく、チームとして問題にかかわっていく。チーム全体の成長がリーダーの役割であることを理解し、人を巻き込む力を身につけていきます。
「7つの習慣®」に学ぶリーダーシップ ビジネス書のベストセラー「7つの習慣®」を教材に「仕事をする」、「自分自身が学習し、成長し続ける」、「個人的生活や家庭との生活を充実させる」などを切り離すことなく、統一して考えられる視点を身につけます。
プロジェクトリーダーシップ実践 これまで学んできたリーダーシップのスキルを試す、集大成的な役割を果たす授業です。問題解決という成果だけに目を向けるのではなく、成果に至るまでのプロセスを意識しながら学びを進めます。

学生の声

曾根 祐介 3年 神奈川県立 茅ヶ崎高等学校出身
リーダーシップとは、才能ではなく、技能です
「カリスマだけがリーダーじゃない」。その一文が大学案内を読んで目に入り、共感してこのコースを選択しました。それまで「自分に務まるだろうか」「“リーダー” と“ボス” の違いとは何だろう」と考えさせられることが多かったからです。しかし、あらゆる専門科目を学んで実感しました。「リーダーシップとは誰もが習得できる技能である」と。ビジネスシーンなどを想定し、組織におけるリーダーの役割を実践しながら学ぶ。対話を重ねながら傾聴力を磨き、コーチングによって相手が抱える問題を解決する。そうした体験から、自分なりにリーダーシップとは何かを見出すこともできました。大事なことは、「全員が参加できる環境を作ること」だと思います。

Pickup授業!

コーチングスキル養成講座
人の意見を否定しない。聞いたことを自分の言葉に置き換えて、相手に確認をする。指示をするのではなく、信頼関係を築きながら、相手の自発性を優先し、行動へとつなげていく。リーダーシップのあり方について考え方が変わりました。