現代マネジメント学科

マーケティング企画コース

現代社会のニーズを探り

自由な発想と行動によって
新たな価値を生み出し、


ビジネスイノベーションの
担い手となる能力を育成します

学びのポイント

モノが売れる法則は、残念ながら存在しません。なぜなら、人が求めるモノは時代の流れとともに変化しているからです。だからこそ、実践を通して今という社会を知る必要があるのです。情報を察知できる感性が求められるのです。また、ビジネスとして新しいモノを世に出すためには、いろいろな人の協力が必要になります。だからこそ、成功への可能性を証明するための理論や調査力を身につける必要があるのです。さらに相手を説得する技術も必要になります。ビジネスを成功に導くための力を総合的に学びます。

コース専門科目

マーケティング入門 マーケティングを「プロセス」としてとらえ、理解の深耕を図ります。一連のプロセスをケース・スタディなどを活用しながら考察します。
企画プロデュース入門
マーケティングの中でも「企画」は重要な要素を持ちます。テーマを決め、企画を策定するプロセスと併せてマネジメントサイクルについて学びます。
広告コミュニケーション
マーケティング・プロセスの中でとらえると4Pの中の「Promotion」に位置づけられます。広告の効果・効能を知り、広告の立案の仕方を学びます。
Webマーケティング
Webマーケティングのプロセスを、実践を通じて理解することを目的としています。自らの問題意識に基づいて調査票を設計し、回収したデータを分析して企画提案します。
マーケティングの実践 外部諸団体・企業の置かれた課題を把握し、マーケティング戦略に関する企画を立案し、コンペ形式で提案します。この授業を通じて、マーケティングの技法や考え方を活用して地域の課題を解決する方法、クライアントに対する効果的な企画発表の方法について学びます。
マーケティング事例研究
消費者の価値観の多様化が進む中、身近な事例(生活関連グッズ・自動車・旅行など)を用いて分析する力を養います。また、外部企業のマーケティング担当者を迎え、企業が抱える課題や取り組みについて、履修者とディスカッションを交え授業を進めていきます。
マーケティングフィールドワーク
現場は何よりも多くを物語ります。実際にショッピングモールなどを視察することで、店舗と消費者の動向を観察することで、理論で知識として修得した内容を自身の五感を通して考察することで、マーケティング・プロセスの理解を深めます。

Student Interview

渡邊 芽生 3年 神奈川県 横浜市立南高等学校出身
1週間のスケジュール(3年次)
企業視点で商品を観察すると、ビジネスの仕組みが見えてくる
このコースを選んだのは、企業側の戦略的視点を身につけたかったからです。普段私たちがモノやサービ スを利用するときには、自分の好みで判断します。それが消費者視点です。しかし企業で働く場合、誰が、ど れだけ買ってくれるのか?といった売る側の視点=マーケット視点が必要になってきます。マーケット戦略 という視点で世の中を見ると、モノの見え方が違ってきます。例えばコンビニエンスストア。なんでもあるよ うに見えて、実は地域や顧客層に応じて売れ筋商品だけを選んで陳列しているのです。