経営学部 横井真人ゼミ

マーケティング学科
進化論を応用した企業の環境適応戦略の分析
当ゼミでは企業を取り巻く市場環境の変化に対し、企業がうまく適応出来た例、出来なかった例、その分かれ目は何だったのかを考えます。ダーウィンの進化論の概念を使って、業界にどんな変化が起こり、企業がその市場変化に対しどう戦略を立て進化してきたかを分析し、今後どの方向に進化するのかまでも想像します。

ゼミの取り組み

2年生はインプット・アウトプットを訓練
研究をする前提として、必要な情報を収集し、相手に的確に伝える能力が必要です。その基礎を鍛えるため、チーム単位で複数の業界についての新聞記事を時間内に読み、意見交換をし、業界が今どうなっているかを発表します。読解力と説明力を鍛えながら、知らず知らずに日本経済と産業のトレンドを学ぶことになります。最初は記事一つ読み解くのにも苦労していても学期の終わる頃には要点を踏まえた発表が出来、これまで習ってきた経営コンセプトが理解できるようにもなります。結果的に考えること、意見を持つことが楽しくなるようです。
2021年4月対面授業
3年生は進化論とその応用を段階的に
研究の視点としてまず生物学として進化論自体を学び、次に文明・文化発達の歴史を振り返り、最後に特定の業界の変遷と企業の対応を分析します。文化史研究ではダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」、ハラリの「サピエンス全史」などの名著も読み解き、化粧や結婚の時代毎の変遷もテーマとなります。このようにリベラルアーツ的発想から経営とは直接関係なさそうな事柄を学ぶことが、マーケティングで重要な顧客の理解、大きな時代の流れの把握、そして視点を変えることにより斬新なビジネス・アイディアに結びつくことを目指します。

学生によるゼミ紹介

自分について考え直す人生のターニングポイント

私は横井ゼミで「自分自身を見つめ直す」ことができました。ゼミでは進化論の研究や新聞記事や課題文章の読解を通して、これまで自分が知らなかった知見を広げることに加え、気づいたことをグループディスカッションで意見をまとめます。このような活動を通して自分が全く知らなかった社会事象や他者の考え方に気づき、自分の考え方が広がるだけでなくコミュニケーション能力を身に付けることができます。お互いに意見を出し合う中で私は自分の興味のあることや強みを見出すことが出来ました。(弘田 真理)

横井イズムとは

横井ゼミの特徴は、気づきと発見を与えてくれます。これは横井先生とゼミ生が一人一人の価値観を大切にしているからです。私はこれを「横井イズム」と呼びます。毎週、正解のない問いに、まず自分で考え、なぜそのように考えたのかを深堀りして考えを明確化していきます。グループワークでは、そんな深掘りをした自分とは異なる考えを仲間のゼミ生は持っています。お互いに話し合いを繰り返す中でさまざまな考え方、視点を吸収し、自身に影響を与え磨きがかかります。このように横井イズムは、自身の視野を広げてくれます。(佐々木 雄人)

ゼミの学びは自分の生き方にも活用できる

私は横井ゼミで「類推力」を身に付けました。横井ゼミの研究活動は、ダーウィンの進化論からはじめ、地理歴史に置き換え、社会学に置き換え、最終的に経営学に置き換える、という流れで行います。私がこの研究活動を通してわかったことは、生き物・文化・企業は、環境の変化と適応が永続することで、生き残ることができるということです。この気づきを私は、自分にも活用しています。それは、自分が心地良く生きるためには、環境のせいにして動かないのではなく行動を起こすことで、いまの私の生き方のモットーになっています。(片平 楓花)

知る楽しみを知る

横井ゼミは、「知ることを楽しむ」ゼミだと思います。進化論についてだけではなく、さまざまなジャンルの新聞記事や本を読む機会が多く、毎週今まで知らなかった知識や知見が身に付きます。さらに、それらについてゼミ生同士で意見を交換し話し合うことで、自分にはなかった視点が得られます。難しいお題や内容もあり頭を使う場面がたくさんありますが、結論を出すために皆で意見を出して話合い、試行錯誤する過程はとてもわくわくして、刺激的です。色々な「知る」を、ゼミ生皆で楽しみながら学ぶ時間がゼミでの好きな時間のひとつです。(荒木 めぐみ)

引き出しが増える

私は、横井ゼミで「引き出し」を身に付けました。横井ゼミでは、1分間スピーチを行なったり、ディスカッションを行なったり、さまざまなことを個人からグループ単位で幅広く行ないます。そのため、その時々にするべきことやとるべき対応が異なるため、初めはとても悩み、どう進めていけば良いか悩むことが多くありました。しかし、それらを何度も行うことで、引き出しが増えるので柔軟さが身に付き、今ではあまり考えずとも行動ができるようになりました。これは、横井ゼミの学びだからこそ身に付いたと感じています。(藤原 実生)
学生に期待すること
ゼミでは探究心と自主性を重んじます。考えを発言したら、その根拠を示せ、というのが私の口癖です。説得力のある意見を出すことでお互いに理解し刺激し合うことが可能となり、将来の就職活動でも力となるのです。