情報マネジメント学部 勝間豊ゼミ

現代マネジメント学科
観光情報学のすすめ
本ゼミでは「観光情報」を題材として「情報の流通」の在り方を考えます。どうすれば多くの人に分かり易く観光地の魅力を伝えられるか、どのような点をPRすべきか等、観光地の魅力を多角的に捉え、それを“情報”として広く流通させる方法を考えます。 また、ゼミ活動の目標として、社会人として活躍するために必要な「データを基にした客観的なモノの見方」についてゼミ活動を通じて身に着けてもらうことを目標としています。

ゼミの取り組み

ゼミの主題は、「観光情報学」ですが、それ以外にも様々なテーマで活動を行っています。 最近のテーマは以下のような取り組みです。
大磯町観光資源調査と町マップの制作
大磯町を対象に、観光資源のフィールドワークを行っています。古い街道や古民家などの「古き良き日本」の風景を見つけ、その魅力を基に大磯町を活性化するための施策について検討しています。施策については大磯町産業環境部産業観光課と協力し、観光地としての大磯町の魅力を学生の目線で取材し、地域の良さを伝えるための町マップの制作と情報流通の方法について考えていきます。


SDGsから考える未来
①マイクロプラスチックを削減しよう
②食品廃棄を削減しよう
SDGsに興味を持つゼミ生も多く、最近は『マイクロプラスチックの削減』、『食品廃棄問題』をテーマに取り組みました。行政や民間企業に直接、インタビュー調査をしたり、NPO等の行う活動に参加する等しながら、インターネットや文献だけでは得られない情報を自ら収集し、現状を調査しています。その上で学生の視点で考えられる提案を行っています。
学生に期待すること
ゼミ活動に於いて最も大切にしている点は、『学生自身がテーマを決定し、取り組み方を考え、多様な活動を通じて成果を出す』という自主的な活動です。今後、社会に出て必要とされる『自分で考えて行動する』という能力をしっかりと身に着けられるようなゼミ活動を行っています。
また、インターネットや書籍に書かれている『二次情報(他人から得た情報)』を信じて満足せず、フィールドワークなどを通じて『一次情報(自分が直接体験して得た情報)』を獲得する重要性や方法を伝えて行きたいと考えています。