経営学部 高原純一ゼミ

経営学科
おもしろいをデザインするゼミ
高原ゼミでは「おもしろいをデザインする」をコンセプトにありのままの自分たちの姿で社会へ様々なマーケティングコミュニケーションを実践していきます。社会と呼応し共鳴しながら「LOVE & PEACE」な世の中づくりを真剣に真摯におもしろがりながら紡いでいく高原ゼミ。皆さん、どうぞよろしくお願いします。

ゼミの取り組み

食、地域、本、ゴミゼロ、母の日、ビール、スープetc…
食べること、旅すること、母の日に感謝すること、ゴミをゼロにする世の中をつくること、美味しくビールを飲むこと、体温が上がるスープを喜ぶこと、勉強すること、本を読むこと、本を書くこと、本を手渡すこと、思考すること、街に感謝すること、明日のあたりまえを創造すること、仲間を大切にすること、隣の人を愛すること、愛し合うこと、とことん平和であること、そして白いキャンバスにおもしろい絵を描くこと。いつも最後には乾杯し笑い泣くこと。
「ぼくとわたしと本のこと」(センジュ出版)
ゼミ生21名が執筆した書籍「ぼくとわたしと本のこと」が発刊
2019年12月20日、高原ゼミの学生21名が、本や本をとりまく環境に対してどう感じているのかを綴った新刊「ぼくとわたしと本のこと」が、株式会社センジュ出版(東京都足立区)より発売されました。
本好きもいれば本を読まなかったメンバーもいるこの21人。自らが本と自分の関係を見つめ直したとき、見えてきたのはまぎれもない「本」そのもの。全員が紹介するオススメの本とその理由も必読。活字離れとも言われ続けている若い世代がいま、本を書くことで何をおもったのか、本や本をとりまく環境に対してどう感じているのかが、正直でまっすぐな言葉で綴られています。ほかに高原教授のほか、江戸川区篠崎にある書店「読書のすすめ」の小川貴史氏による寄稿も収録され、本のこれまで、いま、これから、を垣間見ることができる一冊です。

学生によるゼミ紹介

思考を共有してつながる楽しさ

世の中に好きな物がたくさんあったらいい。私は高原ゼミに入って大好きな場所や人がぐんと増えた。活動する度に挑戦したいことが増えるし、新しい出会いにワクワクする。しかも、誰かが「やりたい」って言ったら、みんなが「いいじゃん!」って一緒に飛びこんでくれる。すごい! 高原ゼミは賑やかな人が多いが、本質は思考が好きな人達の集まりだと思う。それは、「明日の授業」というプロジェクトで感じたことだ。ざっくり言うと「年齢も性別も関係なく思考して、話す」という時間で、体験する前はよく分からなかった。しかし、話をしたらこれがめちゃくちゃおもしろい。大人も混じって、価値観を共有していくこのプロジェクトはとても高原ゼミらしい。私達が同世代、ましてや大人と真剣に考えを話す場はあまり多くない。その中で、ゼミのみんなはそういった「思考の時間」を作り、大切にしている。そして、思考を共有してつながる楽しさを教えてくれたのは我らがボス、高原先生だ。人を愛し、愛されるサイコーの先生を筆頭に、私達はもっとおもしろくて優しい明日を作っていく。カンパイ!!(佐々木 楓)

個性豊かなメンバー

高原ゼミは一人ひとりの個性を活かして協力し、一つのものを作り上げていく素敵な空間です。先生含め個性豊かなメンバーが沢山いるのは高原ゼミの最大の魅力ともいえます。それぞれの能力を生かしさまざまな視点からプロジェクトをつくっています。高原ゼミのプロジェクトでは企画をただ提案するだけでなく、なぜそうなるのか、どのようにしたらメッセージが伝わるのか、などの意味を込めながら考えつくり続けています。新型コロナウィルスの感染拡大により思うように活動をすることは難しいですが、この環境下でも何ができるかを考え続けみんなで進めています!実際にプロジェクトをみんなで行う事で最高のメンバーとより深い関係性ができました!プロジェクトを通して毎週ゼミ生とご飯に行くほど仲がいいです。高原ゼミに入ってから、私自身の人との関わりや接し方、考え方が大きく変化した事をとても実感しています。この学びは高原ゼミにしかないです・・・!忙しいゼミですが、忙しさ以上の学び、楽しさがここにはあります!!ビールを片手に楽しく学べる高原ゼミは本当に最強です!!!(奥山 美沙)

誰かの明日を変えていきたい

私たち高原ゼミは、とにかく楽しんで「おもしろいをデザイン」しています。若い私たちが、これから生きていく社会の未来を少しでも良いものにしていくために、日々の活動を行うことは最高に面白いです!私は、高原ゼミに入るまで、学生生活で力を入れてきたことがなく、何もかもを無気力に過ごしてきました。そんな私の無気力さも高原先生やまわりの仲間たちのおかげで「硬く考えすぎない」という自分らしさに変えるこができ、自分の良い部分をたくさん知ることができました。周りの人たちが私の明日を変えてくれたのです。だから私も誰かの明日を変えていきたいです。高原ゼミにはそのアプローチの方法がたくさんあります。だから、これからも私たちは自分らしく、社会を「LOVE &PEACE」で溢れさせます。もちろん最高に楽しみながら、最高のビールと一緒に!乾杯!(青木 邑磨)

まずはやってみる

高原ゼミに入って、私たちは自分の思いつきをもっと大切にするべきだって気づいた。世の中に溢れているモノの根源は、誰かの頭の中に思いついたこと。せっかく頭の中に思いついたアイディアや「やりたい!」という想いだって、言葉にして口に出したり、行動に移さなかったりしたら、それは思いつかなかったことと一緒。すごく勿体無い!!日々問いをもちアンテナを立てているか、価値を見出すだけの知識があるか。
単なる思いつきを形にして価値に転換できるかどうかは、その人次第かもしれない。だけど、小さな思いつきを大切にできる環境が高原ゼミにはある。「まずはやってみなよ」と背中を押してくれる高原先生がいて。
「いいじゃん!やろうよ!」「こうしたらもっとおもしろくできるんじゃない!?」と応えてくれるゼミ生がいて。こんなにも愛に溢れた人たちが集まった5期生のゼミ長をさせてもらえて本当に幸せ者だーーーっていつも思う。私一人だったら何もできなかった。でも、みんながいてくれたおかげで、高原ゼミじゃないと経験できないことをたくさんできた。いつもそばにいてくれるみんなに感謝!5期生を集めてくれた高原先生に感謝!
Love&Peaceな高原ゼミが大好きだ〜!(齋藤 舞雪)
学生に期待すること
人を助けられる人であること。人が好きで仕方ない人であること。皆でおいしい食卓を囲める人であること。愛に溢れた毎日を送れる人であること。平和な心を持った人であること。