初年次ゼミ

大学での学び方を修得する。自分の力を把握し、強化する。
大学生活の支柱となるゼミ活動

学生インタビュー|リアルな課題に挑戦する初年次PBLとは!?

【初年次ゼミ】
入学から2年次前期まで、全ての学生が30人程度の初年次ゼミに所属

初年次ゼミで学生たちが学ぶことは主に2点。

●グループワークの方法や、PBLなど産業能率大学ならではの学び方を修得すること。
●社会人基礎力を身につけること。

さらに初年次ゼミは、共に学ぶ仲間を見つける、大学生活をデザインする場所としても機能しています。

【初年次PBL】課題解決アプローチを身につける

授業の初日から初年次PBLが始まります!
PBLを通して①アイデア創出力、②戦略立案力、③事業化構想力を競います

【連載】初年次ゼミリポート!

第14回 前学期最終回!振り返りを実施

前学期の初年次ゼミでは、「社会人基礎力」という社会に出たときに必要な力を身に着けるための学びを行うと共に、課題解決型学習(PBL)に取り組んできました。
今回の授業では、前学期での経験と学びを今後の学修につなげるため、学生一人ひとりが振り返りを行いました。

学生からは「PBLを通じて情報収集力が身に付いた」「仮説を立ててから検証することが重要だと学んだ」「物事を多角的に捉えられるようになった」といった声が挙げられ、この4か月で多くの成長を実感しているようでした。一方、「傾聴力が足りなく、相手の意見を上手く引き出せなかった」「根拠を数字で表すのが難しかった」など、PBLを通じて自身の課題も明確になりました。
自身の強みと課題を認識することで、今後取り組むべきことやなりたい自分の姿が明確になったようです。
経験を成長に繋げられるかは「振り返り」が重要だと気付きました
小辻 ひなの 埼玉県立不動岡高等学校出身

これまでに2回PBLに取り組みましたが、その経験を成長に繋げられるかは「振り返り次第」ということを身をもって感じました。
私達のチームは、秩父多摩甲斐国立公園を活用した日帰りエコツアーを企画しました。しかし、ターゲット設定や収益の算出などは行っていましたが、他のエコツアーとの差別化や集客が見込める新規性には欠けていました。
他のチームの発表を聞いたり、振り返りを行ったりする中で、企画の実現性を高めるためには3C分析やSWOT分析など他の授業で学んだ分析フレームを活用し、さまざまな角度から分析することが重要だと気付きました。
前期の授業を通じて気づいたことや学んだことを、今後の成長に繋げていきたいです。

関連Topics