初年次ゼミ

大学での学び方を修得する。自分の力を把握し、強化する。
大学生活の支柱となるゼミ活動

学生インタビュー|リアルな課題に挑戦する初年次PBLとは!?

【初年次ゼミ】
入学から2年次前期まで、全ての学生が30人程度の初年次ゼミに所属

初年次ゼミで学生たちが学ぶことは主に2点。

●グループワークの方法や、PBLなど産業能率大学ならではの学び方を修得すること。
●社会人基礎力を身につけること。

さらに初年次ゼミは、共に学ぶ仲間を見つける、大学生活をデザインする場所としても機能しています。

【初年次PBL】課題解決アプローチを身につける

授業の初日から初年次PBLが始まります!
PBLを通して①アイデア創出力、②戦略立案力、③事業化構想力を競います

【連載】<前期>初年次ゼミリポート!

第4回 情報化社会で活躍するためのスキルを学ぶ

ビジネスの場では、情報収集・分析が欠かせません。スピーディーかつ正確に必要な情報を集めること。そして、集めた情報を多角的に整理・分析し、情報の本質を見極める事が重要になります。

今回の授業では「石垣島における観光ビジネスとエコツーリズム」をテーマに、レポート作成のワークを実施。各チームで、図書館やデータベースを活用して文献・資料を集め、そこから何が読み取れるのか、情報を分析しました。
情報の本質を見極めるためには、信頼性の高い資料を的確に集める力や、文脈を正確に捉える力を鍛える必要があることを実感したようです。
情報収集力への理解を深める事ができました。
仲居 春奈 東京都立晴海総合高等学校
授業で行ったワークでは、時間内に信頼性の高い資料を的確に集めることに苦戦していました。しかし、同じグループのメンバーが集めた文献や資料を小見出しから読み進め、情報を整理している姿をみて、実際に試してみたところ、効率良く情報を集められることに気づきました。
また、集めた情報を元に、その背景や要因などをさまざまな視点で深掘りすることで、表面的な見方では知り得ない、多くの情報を得ることができました。
今回学んだ、効率よく情報を収集する力や、多角的に情報を整理し、本質を見極める事を今後のPBLでも実践し、情報収集力・分析力をさらに伸ばしていきたいと思います。

関連Topics