2019 Sharesの認定証授与式実施(湘南キャンパス)

2019 Sharesの認定証授与式実施(湘南キャンパス)

2019 Sharesの認定証授与式実施(湘南キャンパス)
情報マネジメント学部生を対象とした、学びのピア・サポート活動を行う学生ボランティア「Shares(シェアーズ)」の認定証授与式が、10月29日(火)に湘南キャンパスにて行われました。 「Shares」は、〝Sanno hearty experts in active-learning resources〟の略で、学生自らの“モチマエ”を発揮することで、後輩や仲間の能動的な学びを支援することを目的に、認定を受けた学生ボランティアが授業外の学習を支援しています。

認定に先立ち、Sharesの学生ボランティアは10月15日(火)に研修会に参加し、川野邊誠教授の指導のもと、今後のSharesの活動方針について様々な角度から検討・議論をしました。

認定証授与式では、小柴副学長より激励のことばがあり、認定証を授与された学生の代表は「これまでの実績をもとに、新たなSharesを作り上げていきたい。メンバー自らの態度・行動をもって『能動的な学び合いの文化』を学生に広めたい。」と意気込みを語りました。
情報マネジメント学部のSharesのボランティア総勢15名は、今後、授業外の学習や資格取得のサポートをはじめ、幅広い学びを学生同士でシェアする活動を展開していきます。
研修の様子
認定証授与
メンバー代表が決意を表明
<学びのピア・サポート活動 Shares>
Sharesでは、ボランティア学生が自らの “モチマエ”を発揮することで、後輩や仲間の能動的な学びを支援する本学公認団体です。 学生による学生のための授業外学習支援を行っており、今後も多くの講座や企画が予定されています。 その様子は、下記ページでレポートしていきます。