情報マネジメント学部 清水正博ゼミ

現代マネジメント学科
何を考えるかを考える <企画・マーケティングとは>
清水ミでは、『企画』と『マーケティング』について実例を踏まえて学びます。これは、ゼミテーマにあるように物事の本質・目的そしてゴールを理解する力を身につけるという事です。
ゼミメンバー間の様々な意見(多様性)を尊重しながら、共通の目的と向かうべきゴールをともに学び歩めることが求められます。

ゼミの取り組み

ビジネスモデルの研究
実際の企業(製造業、卸売業、小売業、EC、他)活動における様々なビジネスモデルを複数のチームに分かれ、それぞれが希望・選択した研究対象を分析・考察・評価を実施します。
そして、その研究成果をゼミ内でプレゼン(発表)します。
さらにゼミ、チーム間でディベート(議論、討論)を行い、表現力、対応力、交渉力の向上を目指し、ビジネスパーソンとしてのスキルを身につけます。
学外の課題解決型研究コンペに参加
2022年は、1期生が一般社団法人神奈川経済同友会が主催する第18回神奈川学チャレンジプログラムへ参加をしました。(参加大学19校、参加企業32社)
初参加ながら3チームが入賞を果たしました。

神奈川産学チャレンジプログラム

学生によるゼミ紹介

実践的学びを深め、個性を発揮できる場所

私たち清水ゼミは、2021年度に発足したゼミであり、『企画』と『マーケティング』を学んでいます。 2年次後半では企業のビジネスモデルをグループで研究し、プレゼン力と企画力を鍛えました。三年では産学チャレンジプログラムに参加し、初参加ながら最優秀賞・優秀賞という結果を残すこともできました。
このゼミの特徴は個性が豊かなことであり、皆に当てはまるのが、課題にもイベントにも『真面目に・全力で取り組める』ことです。それぞれの個性を生かしながら、どの活動にもゼミ全員が一丸となって取り組んでいます。
今後は企業との具体的な商品開発やマーケティング活動も進めていく予定です。
(飯塚 玲奈)

若いゼミならではの経験

清水ゼミは21年度に作られたゼミであり、私たちはその2期生として活動しています。2年後期では、自分たちで決めた企業のビジネスモデルを調べ、パワーポイントにまとめ、ゼミ内で発表するという活動を行いました。また、先輩方との交流もあり、授業時間内では適切なアドバイスをいただき、2.3年合同で行ったレクリエーションでは学年の壁を乗り越えて仲を深めあいました。
まだまだ出来たばかりの若いゼミですが、その分、自分たちで決めていくことが多くあり他のゼミでは経験できないことを経験させていただいているなと感じます。
(久保田 月)
学生に期待すること
多様な考えや変化の激しい今後の世界を意識しながら、自分で考え、自分で判断し、自分で実行(体験)する事を本ゼミで身につけ、成長することを期待しています。