経営学部 高畑泰ゼミ

マーケティング学科
自分を見つける、仲間を理解する
自分たち自身で考え、行動し、反省し、修正する。そのプロセスを経て初めて人は成長できます。2020年度から始まった新しいゼミですので、具体的なことはまだまだ固まっていませんが、ゼミ生が自分たちで作り上げていくゼミです。

ゼミの取り組み

リアルで刺激的なマーケティング
一期生なので「ゼミで何をするのか」という話から始まりました。「よりリアルで実践的なマーケティングスキルを身につける」という大目標のために、今は美術館のマーケティングの提案、お茶を使った新商品の開発、ゼミ生が作り上げたコンテンツ(セミナー)の集客等を行っています。
発案からカタチにするところまで全てゼミ生主体で活動するという全く新しいゼミなので刺激的でスキルも身についている実感があります。
これからは動画広告やSNS運用など、マネタイズできるレベルで様々なことに挑戦していく予定です。

学生によるゼミ紹介

理論と実践の学びとイベントの楽しさを極めるゼミ

「PBLセミナー」という一年生を対象としたプレゼンテーションの講習会を開きました。正直、時間も限られ初めてのことばかりで大変でした。しかしゴールから逆算したスケジュール感でタスクをこなしたり、MTG一つとってもより効率的に動けるよう事前にアジェンダを作ったり、議事録を書きながら進めていきました。結果、集客数と満足度で設定したKPIをチーム一丸となって達成することができ、自分のスキルも上がった自信があります。誰かに何かを教えるというプロジェクトだったけれど、この活動を通して自分たちが一番成長できたと思います。(志岐 慧翔)
学生に期待すること
ゼミ生一人一人が自分の人生を生き抜いていくための準備をする場としてこのゼミを活用して欲しいと願っています。