情報マネジメント学部 矢田木綿子ゼミ

現代マネジメント学科
地域活動からマーケティング・マネジメントについて考える
学内イベントや地域イベントに参加し、イベントをマーケティング視点で考えて企画・実行することや、学内外でのコミュニケーションや組織内マネジメントを学びます。

ゼミの取り組み

JA湘南との産学連携プロジェクト
矢田木綿子ゼミでは、地域交流・地域貢献を目的として、湘南農業協同組合(神奈川県平塚市以下、JA湘南)との産学連携プロジェクトを行っています。今回、父親への感謝の気持ちを伝える商品として、薔薇をイメージした石鹸「Rose Soap with thankfulness(以下、Rose Soap)」を企画・制作しました。JA湘南が所在する平塚市は、日本で初めて、父の日に薔薇を贈った場所といわれており、今回の商品企画に薔薇を採用するきっかけともなりました。
2021年の父の日となる6月20日(日)に、JA湘南直売所(あさつゆ広場)で「Rose Soap」100個を無料配布します。

プレスリリース(6月16日発信)はこちら:
https://www.sanno.ac.jp/news/pressrelease/press20210616_01.html
【実施報告】JA湘南との産学連携プロジェクト
2021年6月20日(日)父の日に、JA湘南直売所(あさつゆ広場)にて、薔薇をイメージした石鹸「Rose Soap」100個を配布しました。
事前に学生が手作りした石鹸に、JA湘南のカラフルな薔薇の花びらを、1枚ずつ丁寧にトッピングしてくださいました。
当日は学生がラベルを貼り、袋に入れ、リボンをつけ、準備をしました。
「あさつゆ広場」が朝9:00に開店し、レジでお会計を終えたお客様(1,500円以上お買い物をされた方限定)に「Rose Soap」を配布しました。
朝から多くのお客様がいらっしゃっていて、開始45分で限定100個の配布は無事終了しました。
今回は、JA湘南との産学連携プロジェクトを通じて、商品を企画し、自ら制作したものを直接お客様へお渡しするという貴重な体験をすることができました。
また、JA湘南が所在する平塚市が「日本で初めて、父の日にバラを贈った場所」といわれていることを題材とした商品を企画・制作することにより、地域の魅力を発信することについても学ぶことができました。
ビジネスコンテストへの参加
株式会社マイナビ主催のキャリアインカレと宣伝会議主催の販促コンペに参加しました。どちらも実在の企業の課題が提示され、解決するアイディアを考えます。まず課題の把握が難しく勉強が必要でしたが、グループワークや発表を通じ、コンテストへの応募をすることができました。毎年受賞には至りませんが、学習を積み重ねて再チャレンジし、来年こそ決勝を目指します。
神奈川県二宮町の観光・グルメの動画を作成
新型コロナウィルスの影響により、いままでゼミで参加をしていた地域イベントがすべて中止となりました。3密を避けてできる地域活動を考案し行ったのが、いつもゼミ活動でお世話になっている二宮町の観光とグルメの動画作成です。少人数での訪問だけでなく、インタビューの1週間前から体温を測り体調管理するなどの対策をして行いました。学生自身が、二宮町を観光し、お店でインタビューをさせてもらうことで、歴史や名前の由来など伺い、さらに二宮町の魅力を知ることができました。イベントが再開された際には、この経験を活かし、今まで以上の熱意をもって活動に参加したいと思います。

動画のリンクはこちら
飲食店>>
観光地>>
湘南にのみやふるさとまつり
二宮町の特産物を瑞木祭で販売しました。二宮町観光協会の皆様にご協力を頂きながら学生の手で仕入(商品選定)や販売を行うことができました。どのようにすれば瑞木祭に参加した人が、二宮町の商品の良さに気付き購入してくれるかを考えて販売コーナーを作成しました。先輩・後輩の枠を超え、ゼミ全体で考えることで自分たちの定めた目標以上の売上を出すことが出来ました。
ミニニノミヤ(令和元年 子ども会祭り)への参加
2月に二宮町子ども会育成会連絡協議会主宰、ミニニノミヤ(子ども会祭り)にボランティアスタッフとしてゼミで参加します。ミニニノミヤは、子供が町民登録をし、働き、お給料をもらい、商品を買ったり、サービスを受けることができるお祭りです。二宮町子育連の方々が企画されてきた素晴らしい取り組みに、参加をさせていただくことになりました。矢田ゼミでは2店舗で、子供が働く場所をつくり、商品を販売します。
その他
納涼祭、瑞木祭で模擬店の出店や、二宮町の湘南オリーブ収穫体験、春・夏にはゼミ合宿を行っています。イベントすべてがマーケティングとマネジメントの学習の場だと考えています。

学生によるゼミ紹介

個性豊かで楽しい自由なゼミ

矢田ゼミは、個性豊かで楽しい自由なゼミです。普段の授業では、思ったことを自由に発言できる環境が整っており、色々なことに挑戦することができます。主な活動は地域マーケティングを実践の場で行っています。地域や様々な人と関わることができ、このような経験は自分をひと回り成長させてくれるでしょう。ゼミ生はもちろん、先生とも仲が良い最高のゼミであることをここに宣言します。(2期生ゼミ長 坂根柚希)

今、私たちにできること

私たちは矢田ゼミ3期生として活動を進めています。新型コロナウィルスにより、体験型の活動も自粛を余儀なくされました。活動しづらい世の中ではありますが、矢田ゼミの魅力である仲の良さを生かし、集合写真のマスクがとれる日まで前向きに取り組みたいと思います。(3期生 高木健匠)
学生に期待すること
自分の興味のあることを行動に移すことができるチャレンジ精神、人と気持ちの良いコミュニケーションをとりながら仕事を進めるための能力の向上を期待しています。