情報マネジメント学部 石塚浩美ゼミ

現代マネジメント学科
ダイバーシティのコミュニケーション・働き方・労働経済学の習得と実践 ~日本・地球を持続させよう~
1.就活時・就職後のコミュニケーション論と個人課題と改善の確認
2.卒業論文の作成方法を学んで完成
3.先生書籍の労働経済学・国内外の働き方・学術論文を全員各1章を解説
4.グループで1部上場企業の株式売り買いして企業研究
5.希望ゼミ生はHawaii2島で大学講義・企業訪問・観光
6.複数の日本企業から解説
7.NewYorkCity国連会議に女子学生一部は先生と参加

ゼミの取り組み

※上記の補足です。
1.日本の概ね全ての一部上場企業や、自治体、一部のアメリカ企業の、社長・管理職・一般社員・新入社員を対象に、元日本航空の国際線客室乗務員が、JALアカデミ-での教員として実施してきました。また、石塚先生は当該経験者でTA(交流分析)教授職の資格も有するため、実施できます。
2.先生は博士(経済学)で、過去にも東京国際大学大学院でのゼミ先生担当や、東京都立大学で労働経済学を10年間担当してゼミ先生としての任務を遂行してきました。
3.石塚浩美著(2018)『働き方と年収の壁の経済学』、石塚浩美著(2019)『日中韓働き方の経済学分析』
4.株式会社:日本取引所グル-プ(日本証券業協会)の多大な援助を受けての実施です。
5.先生はHawaiiには過去100回以上行っており、親戚も家族でアメリカ人として居住しています。
6.資格の提示もある企業、インタ-ンシップも可能な企業、スポ-ツ支援の提示の組織、その他、各組織個別で有意義です。
7.NewYorkCity国連の当該会議には、数回参加しており、特に2021年には非政府会議の日本代表として、世界161カ国に発表します。

学生によるゼミ紹介

グローバルな経験もできるゼミ

就職活動や人生での対人方法などについて学習でき、また、先生の単著の本を多くの授業で読めたり、国連の会議にも参加できたり、多くの貴重な経験ができて良かったです。 (オト 恵美里)
学生に期待すること
日本の博士(経済学)として、各国比較等も提示しますが、日本は人口激減・経済規模縮小・先進国での男女格差最大・若年時のみは男性のほうが辛い傾向で、内容と生き方の詳細を講義をしますので、ゼミ大学生は、日本の有効の若年層達であり、日本と地球を持続させて戴きたいと考えます。。