情報マネジメント学部 小林久司ゼミ

現代マネジメント学科
ビジネス・マインドを養成する
起業家/起業家としてのものの見方や考え方、そして意識の持ち方を修得してもらうため、「Grit」というビジネス書をグループで考察し「諦めない心」のあり方を学習し、その後有数な企業家の経歴を考察して、事業を興して進展させたノウハウを学び、産学チャレンジに応募して、テーマにおける企画を立案しプレゼンテーションをする。

ゼミの取り組み

sam(立石信雄懸賞小論文コンクール)に応募
samにおいては、ゼミ生全員ではなかったが7名の諸君が論文を記述して応募した。結果、高評価には至らなかったが良い着眼点で論述されていた。
産学チャレンジに応募
産学チャレンジでは2チームが「優秀賞」を頂戴した。一つのグループは新しいビジネスチャンスを提案し、もう一つのチームはICTを工夫することで実現できるという提案となった。

学生によるゼミ紹介

ビジネスマインドを身に付ける

小林ゼミでは、ビジネス書の考察、時事問題の考察、産チャレへの参加を通し社会に出て働くうえで有効なビジネスマインドを身につけることができます。グループワークを中心とした授業展開で毎週時事問題の考察を行い、グループで考察をさらに深堀をすることにより、産チャレでは課題に対する深堀を行うことができ企業に良い提案をすることができたため結果2チームが優秀賞をもらうことができました。毎週何気なく行っていることですが、ビジネスマインドをしっかり身につけていけるゼミです。(北村 直也)
学生に期待すること
事実・情報を基に解析・考察する慣習を身につけて欲しい。その意味では刻々と変化する現状の動向を自身の眼で観察して欲しい。またその上で、有数な経営者はどのようなビジョンで企業経営を行ってきたかを理解して、自身のビジネスパーソンとしての役割遂行におけるヒントにして欲しい。