経営学部 高原純一ゼミ

経営学科
おもしろいをデザインするゼミ
高原ゼミでは「おもしろいをデザインする」をコンセプトにありのままの自分たちの姿で社会へ様々なマーケティングコミュニケーションを実践していきます。社会と呼応し共鳴しながら「LOVE & PEACE」な世の中づくりを真剣に真摯におもしろがりながら紡いでいく高原ゼミ。皆さん、どうぞよろしくお願いします。

ゼミの取り組み

食、地域、本、ゴミゼロ、母の日、ビール、スープetc…
食べること、旅すること、母の日に感謝すること、ゴミをゼロにする世の中をつくること、美味しくビールを飲むこと、体温が上がるスープを喜ぶこと、勉強すること、本を読むこと、本を書くこと、本を手渡すこと、思考すること、街に感謝すること、明日のあたりまえを創造すること、仲間を大切にすること、隣の人を愛すること、愛し合うこと、とことん平和であること、そして白いキャンバスにおもしろい絵を描くこと。いつも最後には乾杯し笑い泣くこと。
「ぼくとわたしと本のこと」(センジュ出版)
ゼミ生21名が執筆した書籍「ぼくとわたしと本のこと」が発刊
2019年12月20日、高原ゼミの学生21名が、本や本をとりまく環境に対してどう感じているのかを綴った新刊「ぼくとわたしと本のこと」が、株式会社センジュ出版(東京都足立区)より発売されました。
本好きもいれば本を読まなかったメンバーもいるこの21人。自らが本と自分の関係を見つめ直したとき、見えてきたのはまぎれもない「本」そのもの。全員が紹介するオススメの本とその理由も必読。活字離れとも言われ続けている若い世代がいま、本を書くことで何をおもったのか、本や本をとりまく環境に対してどう感じているのかが、正直でまっすぐな言葉で綴られています。ほかに高原教授のほか、江戸川区篠崎にある書店「読書のすすめ」の小川貴史氏による寄稿も収録され、本のこれまで、いま、これから、を垣間見ることができる一冊です。

学生によるゼミ紹介

ここに愛がある

私たち高原ゼミは、自分自身を大切にし仲間を大切にする、愛と平和の心を持った人たち。まさにインサイド・アウトな人たちの集まりです。そんな高原ゼミは、現在5期生までつながっています。そして、様々なつながりから、企業とのご縁があり、多くのprojectを学生である私たち高原ゼミに任せて頂いてます。ありがたいことに、年中無休で忙しーい!!でも、そんな忙しく充実できる学生生活をおくれるのは、高原ゼミの素敵な魅力なのです。現在は、感染症ウィルスにより思うように活動はできていません。しかし、これからの未来のため、これからも私たちはprojectしながら世の中に問いかけていきます。だから、私たちのコンセプトである「おもしろいをデザインする」は永遠に成長し続けます。 感染症ウィルスでネガティブに物事を考えるのではなく、おもしろいをデザインしながら暗い世の中に私たちが太陽となるよう「LOVE & PEACE」を生み出し、活動しています。(武田 采桂)

頑張る必要ない!!

高原ゼミ生がビール片手に笑顔とピースサインで言うセリフはもちろん「LOVE & PEACE」。最初はちょっと恥ずかしいんですけど、先輩も先生も胸を張るように大きな声で笑顔で言うんです。でも、高原ゼミってそういうことです。みんなが幸せになる明日を作れて、やりたいことをやってみようと背中を押してくれる先生がいるゼミです。私が「頑張ります」って言うと、先生は「頑張らなくていい、自分らしくやればいい」と必ず言います。自分らしくないと私が私でいればいいと言ってくれます。なので、誰かの明日を作ろうと思います。書いて、本を読んで、甘い野菜食べて、ゴミ無くして、愛する場所を作って、その場所でみんなで乾杯するゼミです。詳しいことは高原ゼミ生の眼差しを見てくれたらわかります。入ればわかります。私たちと一緒に笑顔で乾杯しましょう!もちろん掛け声は「LOVE & PEACE」で!(ゼミ長 渡部 菜々)

自分らしく

私たち高原ゼミは一人一人の良さを最大限に活かせるゼミです!自己アピールをできる要素がない私がゼミ選びに迷っていた時に、先生が言ってくれた「今まで頑張ったことがなくてもいい」この一言で高原ゼミが第一志望に。高原ゼミに入り周りのみんなや先生が私の良さを引き出してくれました!プロジェクトは忙しいけれど、学生のうちに色々な経験ができ、自分の力になり素敵な思い出にもなりました!気づけば人と話すことが苦手だった私がこんなにも人が好きになったのは高原ゼミのおかげかなと。縦のつながりも最高すぎて、こんなに愛した先輩後輩はいません!プロジェクトをしてても高原ゼミで過ごしてても人とのつながりって本当に大切なんだなって思わされました!卒業後もこのつながりを大切にしていきたいと思える素敵な仲間に出会えました!これからも私たちらしい「おもしろい」をデザインしていきます!(公文 菜月)

高原ゼミの口癖

高原ゼミに入ると勝手に口癖になる言葉があります。「LOVE & PEACE」。そう愛と平和です。結論を言うと高原ゼミは世界中を「LOVE & PEACE」で溢れさせるゼミです。なにが正解かは、ゼミに入って2年経ちましたが、未だわかりません笑。でも確実にわかるのは、自分が思い描いている「LOVE & PEACE」な明日ってひとつじゃないんだなって。しかも、誰の明日を変えたっていいんだなと。優しい母ちゃん。強い父ちゃん。ケンカをする友人。ライバルの同僚。生徒が大好きな先生。八百屋のおっちゃん。花屋のお姉さん。駄菓子屋のばぁちゃん。たまたまエレベーターで一緒だった人。朝だけ挨拶する近所の人。そんな身近な人たちの明日が、少しでもおもしろくて愛と平和に溢れていたら、正解なんです。だからわたし達は、カンパイしたり、本を読んだり、作ったり、上勝を探検してみたり、新聞バックを作ったり、ママを助けてみたりして、誰かの明日が「LOVE & PEACE」になるように活動しています。ゼミに入って2年。正解はわかりません。「LOVE & PEACE」が口癖になりました。誰かの明日を考えるようになりました。若い私たちが考える事を発信する大切さを知りました。「LOVE & PEACE」。もう6回言いました笑。これを見ているあなたの明日がちょっぴり「LOVE & PEACE」になる様にこれからも高原ゼミは走り続けます。(副ゼミ長 齋藤 駿)
学生に期待すること
人を助けられる人であること。人が好きで仕方ない人であること。皆でおいしい食卓を囲める人であること。愛に溢れた毎日を送れる人であること。平和な心を持った人であること。