経営学部 荒井明ゼミ

マーケティング学科
自分のキャリアは自分で創る
荒井ゼミでは、「自分のキャリアは自分で創れる」学生になれるよう経験学習を通じてチーム効力感の醸成、社会において予期される失敗経験や挫折経験を疑似体験することにより創発的相互作用の重要さと自身のキャリア・パースペクティブを持つことができるweak tiesの関係構築を主眼としています。

ゼミの取り組み

荒井ゼミ×アイリスオーヤマ
2020年度は、新型コロナウィルスの影響でフィールドワークは断念しましたが、2つのPJTを実施しました。前半は某高校のキャリアデザインコースのコンテンツ作り、後半はアイリスオーヤマと連携したリアルな課題(お手頃価格の家電製品の提案等)に取組みました。

学生によるゼミ紹介

一番成長できること

荒井ゼミでは、テーマに捉われることなく、自分たちが「一番成長できること」を指針として活動しています。2020年度の荒井ゼミでは、企業の方に協力していただき、実際に企業側が抱えている課題に取り組みました。対面での遂行が厳しく、コミュニケーションの取り方に苦戦しましたが、一人ひとりが今できることを最大限に遂行することを意識しながら取り組みました。荒井ゼミでの経験から、イレギュラーな状況に対しても、足を止めず進み続ける力を身につけることができました。(上本 亜季)

やりがいを感じるゼミ

荒井ゼミでは、企業からいただいた課題に対して、学生がグループに分かれて一から施策を考え、最終発表で実際に企業にプレゼンを行います。プロジェクトが始まると半年間かけ、仮説・検証・分析を繰り返し、今までに学んできた知識を最大限に活用する機会が多くあります。私はプロジェクトを通して、チームで同じゴールに向かって取り組む難しさを痛感したと同時に、失敗をバネにし、課題を乗り越えた達成感ややりがいを感じることができました。みんなで協力して一つの課題に取り組みたい、社会に出ても通用する力を身につけたい人におすすめのゼミです!(鈴木 悠也)
学生に期待すること
自身のキャリアはゆっくり、焦らず、他人と比較しないで築いていくものです。学生時代に、失敗を恐れず、一歩だけ前に踏みだす勇気を持つことを期待しています。