自由が丘コンシェルジュ

  Mission! 
「また来たい!」と、自由が丘を愛するファンを増やすこと

Lecture|この授業のポイント

街の案内人『セザンジュ』として活動し、自由が丘ブランドを高める

<自由が丘コンシェルジュとは>
街の案内人「セザンジュ」の活動は2010年にスタート。授業科目『自由が丘コンシェルジュ』は、今では自由が丘のシンボリックな存在となった「セザンジュ」の活動を通して“ホスピタリティとは何か”を肌で学びます。自由が丘商店街振興組合や目黒区と共同で進める、授業という枠を超えた授業です。
毎週日曜日と祝日にはユニフォームを着て街頭へ。ゴールデンウィークに開催されるイベント「スイーツフェスタ」など、来街者で賑わう多くの機会が活動の舞台となります。街の案内はもちろん、防犯のために目を配り、自由が丘のイメージUPにも貢献するセザンジュ。務めた学生に多くの気づきや発見、経験や成長をもたらしています。
<この授業で身につくチカラ>
■ホスピタリティの実践力
■現場判断能力・対応力
■コミュニケーション能力
■協働力
■礼儀作法・ビジネスマナー
<授業のプロセス>
自由が丘コンシェルジュ授業の流れ
step1
自由が丘スイーツフェスタ
●街のコンシェルジュ(見習い)として案内活動を行う
step2
コンシェルジュ実習・マナー研修
●コンシェルジュに必要な知識を修得する
step3
自由が丘女神まつり
●街のコンシェルジュとして防犯と案内活動を行う
●今後の課題を検討し発表する
step4
自由が丘クリスマスイベント
●街のコンシェルジュとして防犯と案内活動を行う
●業務日誌を作成する
step5
ホスピタリティ研修
●ホスピタリティの現場でおもてなしの実践
<2019年度 自由が丘コンシェルジュの活動>

Report|学生の声

顧客ニーズを的確に把握し、質の高いアウトプットを心がける

島﨑 優香 経営学部 3年 東京都私立 山脇学園高等学校出身
顧客とのコミュニケーションについて学びたい
自由が丘コンシェルジュを履修し、セザンジュの活動に参加した理由は3つあります。一つは、自由が丘について学ぶこと、二つ目は、顧客とのコミュニケーションについて学ぶこと、三つ目は就活を想定して組織活動について学ぶことでした。

セザンジュの活動を通して、お客様のニーズが多様であることがわかりました。たとえば、お店を探すといっても「単にお店の場所がわからない」というケースもあれば「行きたいお店が決まっていない」ということもあります。そうしたニーズに応えられるように、気になったお店をいくつかピックアップして自ら顧客として利用するなど、実地調査に力を入れました。そうすることで「何が食べられるか」「どんな雰囲気のお店」というように、より具体的な案内ができるようになりました。
実践の場で鍛えられる
セザンジュは、自由が丘のイメージアップにもつながる活動です。その意味で、言葉遣いや立ち居振る舞いについては授業でしっかりと身につけることができます。
しかし、一番難しいのは、お客様の話に集中し、聴かれていることに的確に応えることです。それができるようになるには、実践を積み、自分からさまざまな提案ができるようにアウトプットを増やすしかないと思います。セザンジュの活動は常にアウトプットが求められるため、顧客とのコミュニケーションのあり方について深く考えるようになりました。