SANNO VOICE

笹原麻央 情報マネジメント学部 現代マネジメント学科 4年 内定先:株式会社日立柏レイソル  山形県立鶴岡北高等学校出身

自ら積極的に動けば、夢は叶う

Jリーグに関わる仕事がしたい
Jリーグとの出会いは、高校2年生の時でした。女子サッカー部に所属していた友達の勧めでJリーグの試合を見るようになり、ファンとして楽しむだけでなく、将来はJリーグに関わる仕事をしたいと思うようになりました。産業能率大学を選んだのも、大学が湘南ベルマーレと深く関わっており、マネジメントという視点からスポーツが学べる、そして当時関東リーグに所属するサッカーチームを持っていたからです。ここで学ぶことで何かしらのきっかけが掴めるのでは?と、思ったのです。
柏レイソルのインターンシップに参加
サッカーとは、至近距離で接することができるように、入学後すぐにサッカー部のマネジャーを志願しました。また、監督やコーチを相手に常に自分の夢について語っていました。選んだコースは、もちろんスポーツマネジメントコースです。印象に残った授業は「スポーツマーケティング」です。この授業では、クラブ経営やビジネスという視点からプロサッカーについて学ぶことができました。チャンスが巡ってきたのは、大学3年生の時です。当時のサッカー部の監督の紹介で、柏レイソルのインターンシップに参加できることになりました。インターンシップに参加してわかったのは、多くのJリーグのチームは大卒者の定期採用を行なっていないということです。そんな中で私はそのインターンシップをきっかけに、うちで働かないかと声をかけて頂きました。その意味で私はとても運が良かったのだと思います。 
それでも私なりに意識していたことがあります。それは、自分の夢をできるだけ多くの人に伝え、目的意識を持って4年間を過ごすことです。自ら積極的に動けば、夢は叶う。産業能率大学で過ごした私の4年間の実感です。
※2018年掲載