2019.11.11

日本赤十字社による献血を実施しました(湘南キャンパス)

湘南キャンパスでは、毎年、日本赤十字社による献血事業に協力しています。
今年は10/29(火)午後に献血バスが来校しました。雨で肌寒い天候にもかかわらず、2時間で18人が献血に協力してくれました。せっかく協力を申し出てくれても授業等の時間の都合で残念ながら実施できなかった人も多く、若者の献血離れが懸念されている昨今に、多くの学生の素晴らしい姿勢が見られたことに感謝します。

また、今年度は3年次の水谷 駿介くんが自身でボランティア活動をしている骨髄バンクのユースアンバサダーとして、学内で骨髄ドナー登録の普及活動を併せて実施しました。大学構内で行うことは今回が初めての試みでしたが、水谷くんの尽力の結果、多くの学生がドナー登録をしました。
水谷くんは「現在、骨髄ドナー登録者数は40代をピークに、若年になるほど減少しています。20代、30代の登録者を増やすことが課題になっているなかで、今回は多くの学生に登録してもらうことができて嬉しく思います。今後も多くの人に骨髄バンクについて知ってもらい、ドナー登録者が増えるように方々で活動していきたいです」と話してくれました。
当日の様子
当日の様子
骨髄バンクのユースアンバサダーとしてボランティア活動をしている水谷駿介くん