経営学部 教授

三村 孝雄
MIMURA Takao
■学位
工学修士

日本大学理工学部卒、大学院修士課程修了(工学修士)。大学および大学院では航空宇宙工学を専攻してきました。最先端の技術開発動向やその応用商品に非常に興味があり、商品ジャンルを問わず自ら体験しています。大学院卒業後は大手プリンターメーカーにて、プリンター・メカニズムの設計に始まり商品企画・開発および新規プリンター事業の立ち上げやプリンター事業経営、マーケティング戦略を含め32年間勤務して来ました。時代の流れはアナログからデジタルへの変革期であり、特に写真や印刷分野においては劇的に世の中のインフラやお客様ニーズが変わっていく様を見てきました。現場第一主義であり、新興国に広がる製造工場や販売現場視察で世界中を駆け巡り、その国の文化や風習、美味しい食事やお酒も体験する事が出来ました。
座右の銘は「三現主義」です。学生の皆さんと共に勉強し、青春する事が喜びです。
  • 担当授業

    ■2年次ゼミⅡ、3年次ゼミⅠ・Ⅱ、4年次ゼミ、インターンシップⅠ、就業力プログラム
    ■技術と経営、商品企画のプラン演習、商品企画とマーケティング、商品企画の実践演習、商品企画におけるマネジメント

  • 専攻・専門分野

    ■技術経営マネジメント
    ■商品企画マネジメント
    ■マーケティング戦略

  • 代表的な著書・論文

    ・「鈴木修」研究」(単著)2011年3月 第10回一橋シニアエグゼクティブプログラム論文集:一橋大学大学院 商学研究科

教育研究業績
■教育上の能力に関する事項

・日本企業における「グローバル展開の重要性」「マーケティングの重要性」の講義 2004年12月
・マルチメディアを活用した考える力および実践力向上の講義 2003年~現在
・就職活動における技術セミナーの実施(技術革新の重要性の講義)2003年12月

■職務上の実績に関する事項

・グローバルマネジメント研究所 所員 2014年4月~現在
・一般社団法人カメラ映像機器工業会 理事 2003年10月~2008年9月
・DPP2001 国際シンポジウム講演 2001年5月

■研究業績等に関する事項

【学術論文】
・「中小企業の生き残り戦略と経営者の属性」(単著)2018年9月 産業能率大学紀要 第39巻第1号
・「中小企業の生き残り戦略 -海外進出か国内残留か-」(単著)2017年9月 産業能率大学紀要 第38巻第1号
・「異文化環境下で成果をあげる日本人従業員の特性の探索」(共著)2016年2月 産業能率大学紀要 第36巻第2号
・「ヒトの傾斜感覚の閾値に関する実験的研究」(共著)1981年3月 航空宇宙技術研究所報告書
・「ヒトの回転感覚の閾値に関する実験的研究」(共著)1979年11月 第17回飛行機シンポジウム講演集:日本航空技術協会

【その他】
・『「鈴木修」研究』(単著)2011年3月 HSEP「私の経営者研究」論文集