学生起業家輩出プロジェクト始動!

一般

関東初!「学生起業家輩出プロジェクト」2019年度スタート!
大学在学中に起業家への最初の一歩を!
今、大企業からも投資家からも、「起業」経験を持つ大学生の争奪戦が繰り広げられています。将来、起業家になりたい!リアルなビジネススキルを身につけたい!自分に起業が合うか試したい!企業に依存しないで生き抜く力を身につけたい!このプロジェクトは、本気で『起業』を目指す学生を輩出する“本当に会社を立ち上げる”ことを目標にした6ヶ月間の学内公開講座です。 学生の目線をこれまでの「消費者」目線から「経営者」目線に変えることで、PBL授業等で培った提案力を、より現実性の高いレベルに引き上げ、リアルなビジネスで通用する力を身につけます。また、本学では、このプロジェクトをアクティブラーニング、PBLの進化と位置づけ、学生が授業で習得した知識スキルをアウトプットする場として授業との連動を図ります。 この公開講座は、(株)ウィルフが提供している「START UP ACADEMY」をベースにしたものです。これまでに「START UP ACADEMY」は全国で1000人超が受講し、全員が受講中に起業、そのうちの半数が受講後も起業を継続しています。また、受講経験者は就職活動でもその能力が高く評価されています。関東地方の大学では本学が初めてこのプロジェクトをスタートします。
黒石健太郎/株式会社ウィルフ代表取締役社長 渋谷で教える起業先生(毎日新聞出版)著書
2006年東京大学法学部卒。株式会社リクルートに入社後、新規事業の戦略企画/推進を担当。2011年からは。自ら提案した新規事業が全社公募で採択され、立ち上げリーダーに。2013年に起業し、株式会社ウィルフ創業。サイバーエージェント主催起業家コンテスト「アントレプレナーイノベーションキャンプ」優勝。パズドラ創業者孫泰蔵氏やEast Venturesなどからも資金調達に成功し、多くの上場起業家や投資家と共に、学生起業家の育成に取り組み続けている。
PROGRAM -講座概要-

実践を通じてスキルを体得する6ヶ月
期間は6ヶ月。うち4.5ヶ月で「経営スキルの学習」と「起業体験」を実施。実践を通じて学習することで、「机上の学習」ではなく、スキルを「体得」します。最後の1.5ヶ月で、自分が取り組みたい事業の事業プランを磨き上げ、卒業します。

Report|学生の声

夢は人々が集う空間ビジネスを起業すること

塩山由夏 経営学部マーケティング学科
福島県立いわき光洋高等学校出身
将来の夢は、多くの人が居心地を求めて集うホテルやワークスペースなど空間に関するビジネスに興味を持っています。産業能率大学への進学を決めたのも、起業に必要なノウハウと実践力を身につけたかったからです。ですから、この講座が始まると聞いて迷わず応募を決めました。

この講座に期待していることは、三つあります。ひとつは、起業の方法を具体的に学ぶこと。2点目は多くの起業家との出会いを通して視野を広げることです。3点目は、このプログラムで学んだ知識やスキルを将来のキャリアに活かすこと。

大学生の中には、在学中に事業を始めている学生も大勢います。私もそんな一人になれるように、夢の実現に向けて一歩ずつ歩みを進めて行きたいと思います。まずは自分の実力をこのプログラムで試したいと思います。