石垣島発!国際会議でSANNO生がプレゼンテーション

「アイランダーサミット石垣」で“SDGs”に基づき施策・アイデアを提言

日本で初開催の「アイランダーサミット石垣」への学生の参加を発表!

石垣市で行われた6月27日の記者会見の様子
10月3日(木)~6日(日)に沖縄県石垣市で開催される国際会議「アイランダーサミット石垣」(主催:石垣市)の関連プログラム「高大連携フォーラム」にて、SANNOの学生が持続可能な社会を目指すための施策やアイデアの提言を行います。

6月27日(木)、石垣市内で同サミットに向けた記者発表が行われ、SANNOの学生の参加が発表されました。参加する学生は、10月のサミットに向け、石垣島の課題を探るため、国連によって採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」や島の哲学を理解するための勉強会や調査を行い、準備を進めていきます。

「アイランダーサミット石垣」高大連携フォーラム
・主催:石垣市
・日程:2019年10月5日(土)
・会場:フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズ

アイランダーサミット石垣とは

「アイランダーサミット石垣」は、石垣市がホスト役となり、カウアイ島(米国)、バリ島(インドネシア)、サルディーニャ島(イタリア)のゲストを招き、国内外の有識者とともに環境、コミュニティー、次世代ビジネス、幸福学、ガストロノミーなど、あらゆるテーマでアイデアを交換し合うネイチャー型のサミットです。

「アイランダーサミット石垣」
・主催:石垣市
・日程:2019年10月3日(木)~6日(日)
・会場:フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズ、石垣市内各所
・参加地域:石垣島,カウアイ島(米国),バリ島(インドネシア),サルディーニャ島(イタリア)
・テーマ:島の哲学と幸福社会,地球環境変動と人類の選択,繋がる時代の島の文化経済,食卓が育む地域文化と健康
アイランダーサミット石垣公式WEBサイトはこちら

SANNOと石垣市とのパートナーシップ

2016年3月、SANNOは、沖縄県石垣市、バイオベンチャー企業ユーグレナ社、自由が丘商店街振興組合と連携協力協定を結びました。このコラボレーションプロジェクトの中でSANNOの学生たちは、自由が丘と協力して石垣市のプロモーションプランを企画しています。石垣市が持つ資源を教材に、自由が丘という絶好のマーケティング基地を活用し、地域創生プランを考える。学生たちの若い感性と行動力が期待されています。

また、石垣市との提携によるコラボレーションの取り組みとして、1年生全員が取り組む初年次ゼミのPBL(Problem Based Learning)において石垣市の課題解決に取り組んでいます。昨年度は石垣のもずくを使った新商品開発、今年度は石垣市への移住者を増やす課題に取り組んでいます。

授業「石垣島—自由が丘ブランディング」
基礎ゼミ(1年次ゼミ)でのPBL
石垣島の高校生「Chura★I」とのコラボレーション

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
※引用:外務省 持続可能な開発目標とは