2019.08.02
2019 Sharesが学生サポートを実施(前学期)
湘南キャンパスで、学びのピア・サポート活動Shares(シェアーズ)を担っているボランティア学生が、新入生の学生生活への不安を解消する場を設けたり、よりよいレポート作成のための講座を開催するなど、学生同士で幅広い学びを共有し相互成長することを目的にした活動を行いました。
主に新入生に向け、4~6月の間に実施したのは、「Shares Café」です。
毎週一定曜日の昼休みに、多くの学生が行き交うロビーにカフェコーナーを設置し、ドリンクやお菓子でおもてなししながら、新入生のキャンパスライフの疑問・質問に対応しました。
ネットワークプリンターの操作方法や、教授の研究室の訪ね方などの質問が寄せられた他、授業の復習のために利用した学生もあり、新入生に有効活用されました。
簿記の授業や簿記検定受験を考える学生のために開催したのは、「なんでも簿記入門質問会」です。
5月29日~7月17日の約2ヶ月間、毎週水曜5限に、情報マネジメント学部の友寄教授のご支援のもとで、簿記の基礎的な用語やしくみについての質疑応答が行われました。
利用した学生からは、「慣れない用語が多くて戸惑っていたが、よく理解できた」「質問にやさしく答えてもらえたので安心できた」と、好評でした。
よりよいレポート作成のために開催したのは、「これでもう悩まない!レポートの書き方講座」です。
6月17日(月)5限に行われたこの講座では、情報マネジメント学部の矢田准教授を講師に迎え、レポートの書き方の基本やレポート作成時に便利なWordの機能などを楽しく学びました。
参加者からは、「次回のレポート課題は少しよいものが書けそうです」「参考文献の扱いなどを理解することができました」との感想を聞くことができました。
社会人になる前に身につけておきたいマナーを学ぶために開催したのは、「大学生の今から知っておきたい冠婚葬祭マナー講座」です。
7月10日(水)5限に行われたこの講座では、情報マネジメント学部の山田教授を講師に迎え、日本の冠婚葬祭の文化を知るとともに、主に「婚」と「葬」のマナーについて、詳しく、体験的に学びました。適切な服装、のし袋の扱い方、式場での立ち居振る舞いなどについて、参加者は、熱心にメモを取っていました。
<学びのピア・サポート活動 Shares>
Sharesでは、ボランティア学生が自らの “モチマエ”を発揮することで、後輩や仲間の能動的な学びを支援する本学公認団体です。
学生による学生のための授業外学習支援を行っており、今後も多くの講座や企画が予定されています。
その様子は、下記ページでレポートしていきます。