情報マネジメント学部 中川直樹ゼミ

現代マネジメント学科
スポーツイベントから学ぶマネジメント
中川ゼミでは、スポーツイベントの企画・実施を通じて、あるいはスポーツイベントにスポーツボランティアとして参加することで、リーダーシップ、企画力、計画力、協働力、課題解決力等のプロジェクトマネジメントに対する理解を深め実践力を身につけることを目標としています。

ゼミの取り組み

スポプロサポートイベント
「スポーツプロモーション」という授業にて、受講学生が横浜DeNAベイスターズとコラボレーションして企画・実施するイベントに、ゼミの企画で参加させて頂いています。2020年度は新型コロナウイルスの影響によって観客数やソーシャルディスタンスなどの制限があり、例年のような体験型のイベント実施は難しい状況でした。そのため、今回は来場したくてもできなかったファンの皆様に、ゼミのSNSアカウントを通じて、当日行われたイベントを速報することにしました。コロナ禍に自分たちができるイベントを企画・実施したことで自分たちが成長できた活動の一つとなりました。
SANNO SPORTS DAY
伊勢原市内の小学生を対象としたスポーツイベントを企画・運営しています。今年度はコロナウイルスの影響により1からの企画となりました。議論を何度も重ねた結果、キャンパス内でZoomを活用したスタンプラリーを行うことになりました。課題であった3密の回避を徹底するため、学内での行動は少人数とし、Zoomによるコミュニケーションや誘導を取り入れました。子ども達からはZoomによる双方向のコミュニケーションにおもしろい!との声が沸き起こり興味津々の様子でした。
GOTOにのみや秋のイイトコ探し
二宮町観光協会とゼミがコラボして行うイベントです。「二宮町の魅力を提供し、関係人口を増やす」ことを目標に学生が主体になり企画を進めてきました。今年度は2日間にわたるイベントを開催し、1日目は、コロナウイルスの影響で現地に足を運べない方にも町の魅力をお伝えできるように、「オンラインみかん狩り」、「オンライン原木しいたけ狩り」の開催を実現しました。2日目には二宮町でスタンプラリーを行い、二宮町の観光スポットなど多くの魅力を実際に目で見て感じていただける企画を開催しました。 参加者に形に残る思い出をお渡しすることができとても充実感のあるイベントとして好評を得ることができました。
ブラインドサッカー支援(古本パワープロジェクト)
ブラインドサッカーの支援活動は、主に中川ゼミで行われているイベントの多くに関わりながら行っています。学内の活動はもちろん、学外での活動も1年を通してやります。イベントの内容としては、ブラインドサッカーの魅力を展示等で発信するのと同時に、要らなくなった古本を回収し、ブラインドサッカー協会に寄付することでブラインドサッカーのボールやブラインドサッカー体験教室などの費用にあてられます。 学内では、ブラインドサッカーの疑似体験をしてもらい、視覚がない中スポーツをやるという難しさや障がい者と健常者が同じピッチでスポーツする楽しさを知ってもらうことが出来ました。

学生によるゼミ紹介

イベント実施を通じてリーダーシップを磨いた

ゼミでは1年間で数多くのイベントを実施します。そのためゼミ生全員が、他のイベントと両立しながら自分の担当するイベントの準備を進めていきます。イベントを成功させることはそう簡単ではありません。しかしながら、イベントで出会う人たちは私たちのイベントを楽しみにしてくれる人が多く、その期待に応えることが私たちの使命でもあります。もしあなたが、スポーツイベントを通じてリーダーシップや責任感を磨きたい、またプロジェクトマネジメント学びたいと思っているであればお勧めのゼミです。(村石羽之介)

自分達の色を出す難しさ

今年は新型コロナウイルスの影響で例年よりイベント数が少なくなりましたが、それでもみんなで知恵を出し合って5つのイベントを実施することができました。イベント規模が変更されたりする中での実施でしたが、イベントを終える度にみんなで協力しようという思いが強くなっていきました。イベントの対象が毎回変わる中でどういったイベントにするかを考えるのは大変ですが、イベントを終えてみると頑張って良かったと思えます。頑張れば頑張っただけ達成感を感じることができ、ゼミ生とも仲良くなれるゼミです。中川ゼミに入ってゼミ生に出会えてよかったです!(下山 栞)
学生に期待すること
ゼミでは学生の主体性と協働力を尊重しています。それは、大学で学んだマネジメント等の知識を使い、実践できる場を提供したいと考えているからです。身体を動かすことで得る経験知を学生には大切にして欲しいです。