情報マネジメント学部 北川博美ゼミ

現代マネジメント学科
教育用コンテンツの制作とその活用
小学校にプログラミング教育が導入され、最近話題になっています。北川ゼミでは、「Scratch」という環境を使って、子どもを対象としたものづくり体験の場を企画・実施しています。教材・作品の制作だけでなく、ワークショップの企画や運営、地域や企業との交流など、幅広い体験をしてもらいたいと考えています。

ゼミの取り組み

Scratchを使ったものづくりワークショップの開催
大学のキャンパスだけでなく、NPO法人や企業とコラボレーションしながらさまざまなプログラミング体験の場を学生が企画し、実現しています。2020年は、ほぼすべてがオンラインになりましたが、オンラインでもできること、楽しくなれることを工夫してきました。告知・集客から教材制作、インストラクター、報告書の作成まで各自の役割を果たしながらチームで協力し、活動を作り上げていきます。

学生によるゼミ紹介

参加者に楽しんでもらうには?

参加してくれる子どもたちに楽しんでもらうことはもちろん、次回も参加したいと思ってもらうためにはどうしたらよいかをゼミ生みんなで考えてきました。例年のワークショップとは違い、今年はほぼすべてオンラインになりましたが、メンバー1人1人が自分の役割に責任感を持って、新しいことを考え、自分たちの代ならではの企画・教材でワークショップを開催してきました。画面の向こうであっても、参加してくれた子どもが真剣にプログラミングに取り組んで、笑顔で「おもしろかった!またやりたい!」と言ってくれた時は本当にうれしかったです。(4年・鈴木良弥)
学生に期待すること
自分だけが満足するのでなく、周りの人の状況も考えて動いて下さい。子どもの発想や、メンバーとの共同作業、地域や企業の人たちのコメント、体験から得られる刺激に敏感になって自分を豊かにしていってほしいと思います。