情報マネジメント学部 小田実ゼミ

現代マネジメント学科
デジタルトランスフォーメーションの企画
「効率化」目的のITに対し、「付加価値」をもたらすのがDigitalであり、最新デジタル技術を活用した「攻めの経営」取り組みが「デジタルトランスフォーメーション」です。小田実ゼミでは、この「デジタルトランスフォーメーション」の企画立案を「ビジネスプラン発表会」という形で実施し、メンバー間で切磋琢磨していきます。

ゼミの取り組み

本格的な「ビジネスプラン発表会」
ゼミでは「自分の好きなモノ」など身近なテーマからスタートしてプレゼン技術を磨きます。その集大成として、3年生後学期に本格的な「ビジネスプラン発表会」を実施します。今年度はコロナ禍により例年のような多くの来場者を前にした形式は不可となり「ライブ配信」にて開催しました。これが功を奏してOBルートで企業人事の方々にも発表を見ていただけることとなり、「Hello, New Normal World!」と題した「新しい生活様式」を肯定的にとらえた数々のデジタルトランスフォーメーション提案を評価いただき、そのまま就職実績に繋がる例も出ました。
先端デジタル機器の実機を用いた事例研究
言葉ばかり先行して難解なイメージを持たれがちなデジタルトランスフォーメーション。「習うより慣れろ」の言葉通り、本ゼミでは先端機器の実機を導入してゼミ生全員が直接操作することからスタートします。従来のVR(仮想現実)やMR(複合現実)機器に加え、今年は世界トップ企業だけでなく話題のVtuberでも使われているデジタル技術「モーションコントロール」機器を新たに取り入れました。「机上の空論」でなく地に足を付けた検証により、実際のビジネスにも活かせる数々の発想を得ることができ、新たな研究テーマが多く生まれました。

学生によるゼミ紹介

最先端に囲まれた日常で、楽しみながら成長

本ゼミでは、最先端デジタルを活用して経営マネジメントを変革する「デジタルトランスフォーメーション」の企画立案を行います。デジタル化の波は企業だけでなく、デジタル庁の動きにあるように自治体や私たちの日常にも押し寄せています。このゼミで私はモーションコントロール機器を扱った研究や、ライブ配信技術を担当しました。個人では決して手が届かないと思っていた機器を実際に触って体験することで得た知識は多く、学部名にもある「情報」×「マネジメント」という学びを得られ、楽しみながら大きく成長することができました。(齋藤 翔太)
学生に期待すること
「好きこそものの上手なれ」。学生の「好き」から展開される発想を全肯定で受け止め、楽しみながらも全力で取り組むプレゼンを見せて貰っています。失敗大歓迎、全力だからこその「大きな成長」に期待しています。