情報マネジメント学部 矢田木綿子ゼミ

現代マネジメント学科
地域活動からマーケティング・マネジメントについて考える
学内イベントや地域イベントに参加し、イベントをマーケティング視点で考えて企画・実行することや、学内外でのコミュニケーションや組織内マネジメントを学びます。

ゼミの取り組み

ビジネスコンテストへの参加
株式会社マイナビ主催のキャリアインカレに参加しました。このビジネスコンテストは、実在の企業の課題が提示され、解決するアイディアを考案します。まず課題の把握が難しく勉強が必要でしたが、グループワークや教室での発表を通じ、コンテストへの応募をすることができました。毎年、第2次審査の「動画作成」まで進んでいます。学習を積み重ねて再チャレンジし、来年こそ決勝を目指します。
湘南にのみやふるさとまつり
11月に二宮町で開催される「湘南にのみやふるさとまつり」に参加しました。幼稚園生~小学生をターゲットとしたフェイスペイントブースとゲームブースを出店しました。フェイスペイントのデザインやゲームの企画案、当日オペレーションやシフト作成など、二宮町役場のご担当者様にご了解いただきながら進め、2019年はゼミ担当ブースで合計400名以上のお客様にお越し頂きました。活動後は振り返りを行ない、その後のゼミ活動に活かしています。
二宮町の特産物の販売
二宮町の特産物を瑞木祭で販売しました。二宮町観光協会の皆様にご協力を頂きながら学生の手で仕入(商品選定)や販売を行うことができました。どのようにすれば瑞木祭に参加した人が、二宮町の商品の良さに気付き購入してくれるかを考えて販売コーナーを作成しました。先輩・後輩の枠を超え、ゼミ全体で考えることで自分たちの定めた目標以上の売上を出すことが出来ました。
ミニニノミヤ(令和元年 子ども会祭り)への参加
2月に二宮町子ども会育成会連絡協議会主宰、ミニニノミヤ(子ども会祭り)にボランティアスタッフとしてゼミで参加します。ミニニノミヤは、子供が町民登録をし、働き、お給料をもらい、商品を買ったり、サービスを受けることができるお祭りです。二宮町子育連の方々が企画されてきた素晴らしい取り組みに、参加をさせていただくことになりました。矢田ゼミでは2店舗で、子供が働く場所をつくり、商品を販売します。
その他
納涼祭、瑞木祭で模擬店の出店や、二宮町の湘南オリーブ収穫体験、春・夏にはゼミ合宿を行っています。イベントすべてがマーケティングとマネジメントの学習の場だと考えています。

学生によるゼミ紹介

一つのことをやり遂げる難しさと楽しさ

矢田ゼミは、マーケティングを実践の場で行っており、イベントに全員で取り組むゼミです。全員で1つのことをやり遂げたい人、一人一人責任感のある仕事をしたい人が集まっています。私はこのゼミで、様々なタイプの仲間と一つのことをやり遂げる難しさと楽しさを学びました。(1期生 ゼミ長 小池勇人)

みんな仲良く、素晴らしいゼミを作る

僕たちは矢田ゼミ二期生として活動を進めています。僕たちの目標は、「みんな仲良く、素晴らしいゼミを作る」です。去年に引き続き今年のゼミは全員とても仲良く素晴らしいゼミです。みんなで笑顔を大事に素晴らしい矢田ゼミを作って行きたいと思います。(2期生 阿須間貫太)
学生に期待すること
自分の興味のあることを行動に移すことができるチャレンジ精神、人と気持ちの良いコミュニケーションをとりながら仕事を進めるための能力の向上を期待しています。