情報マネジメント学部 荒木淳子ゼミ

現代マネジメント学科
学習環境のデザイン
学びを通じた地域支援をテーマに、伊勢原市内でのワークショップの実施や小学校の学習支援など様々な活動をしています。地域に学びの場をつくることを通じ、ゼミ生一人ひとりが、就職だけでなくその先も必要となる「学ぶためのスキル」を身につけることも目指しています。

ゼミの取り組み

デジタルストーリーテリングを用いたワークショップ
伊勢原市子育て支援センター、伊勢原市子ども科学館等と協働で、子育て中のお母さん方や伊勢原市内の小学生親子を対象としたデジタルストーリーテリングを実施しています。デジタルストーリーテリングは、動画ソフトを用い、写真や音楽、ナレーション等を用いて自分の思いや経験を物語るメディア表現活動です。
伊勢原市内の小学校での授業支援、学習支援など
伊勢原市内の小学校で、授業支援や放課後に行われる学習教室での学習支援を行っています。学習支援といっても勉強を見るばかりでなく、遊び相手や話し相手にもなっています。そのほか、伊勢原市内の農家と協力して実施する体験教室にもゼミ生がスタッフとして参加しています。
産学チャレンジプログラム
有志でかながわ産学チャレンジプログラムに挑戦しています。2018年度は株式会社山田債権回収管理総合事務所様のテーマ「小田原のまちづくり」で優秀賞をいただきました。

学生によるゼミ紹介

学生の自主性を重んじるゼミ

2年生のゼミ活動ではNPOのPR動画の作成を主に行っていました。ゼミ内で作成した動画を映像祭に出したところ「かながわNPO映像祭」で入賞することができました。映像祭に参加してみて、他の方々の動画を拝見することができ貴重な経験ができました。また、動画作成を通して相手にメッセージを伝えることの難しさも知りました。最後に、ゼミ生の自主性を重んじている荒木ゼミでは「やる気」がある人を是非お待ちしています!(竹津 征哉)
学生に期待すること
学びは学校だけでなく様々な活動の中にあります。大学を卒業しても自分から新しいことに挑戦し、生涯学びつづけられる人になって欲しいと思います。