情報マネジメント学部 伊藤泰雅ゼミ

現代マネジメント学科
映像技術の習得やプログラミングを通して、考える力を養おう
伊藤ゼミでは、「映像技術の習得やプログラミングを通して、考える力を養おう」という目標を掲げています。様々な撮影機材を用いたビデオ制作や、小型コンピュータのプログラミングを通して、ゼミのメンバーとアイデアを議論し、形にしていく体験を重ねます。

ゼミの取り組み

映像技術の習得と制作活動
ゼミでは、まず撮影や編集など、映像制作の基礎を学びます。そして、360度カメラ、GoPro、ドローンなどを用いた特殊撮影にチャレンジします。テーマ決め、ストーリの検討、撮影・編集作業、振り返り、といった一連の作業の過程で、作品のテーマに沿った、よりよい映像になるための工夫を、メンバーと議論します。
IoTプログラミング
マイクロビット(micro:bit)と呼ばれる小型コンピュータを用いて、プログラミングの基礎を学びます。そして、センサやモータなどの外付け部品を用いたプログラミングに挑戦し、コンピュータが周辺機器を制御する仕組みを理解します。その後、自分たちで機能を設定し、思考錯誤を重ねながら実現を目指します。

学生によるゼミ紹介

学生主体のゼミ活動

伊藤ゼミではグループに分かれて、全員で協力してその分野を研究し、そこから主体的に学び、スキルを修得しています。途中で成果発表などをすることで、活動がどこまで進んでいるのかを全員で把握でき、全体でゼミ活動を進めることができます。個人で検討した内容の意見交換を、定期的にグループ内で行い、さらに前に進めるよう日々努力をしています。(安西 翼)

様々な撮影機材の利用

私たち伊藤ゼミはVR、アクションカメラ(GoPro) 、ドローンなどの機材を使用し、様々な撮影と編集を行います。普段使用することができない機材を用いた貴重な体験が出来るので、学生は楽しんでゼミ活動をしています。そして動画編集なども、自分自身のスキルアップに繋がっており、「将来に発揮できる能力」を強化することができます。先生も学生達も一体となって作業に取り組み、本当に楽しく過ごしています。(福原 直樹)
学生に期待すること
ゼミでは、「どっちに進むか」といった選択や活動方針について、あまり強制しないようにしています。締切が見えてきてからの活動には少しはらはらしますが、時間がかかってもよいので、学生たちで考えたものを形にして欲しいと思います。「自ら考えて行動する体験」を重ねることで、あらゆることを想定し、深く多面的に考えられるようになって欲しいと思います。