経営学部 寺嶋正尚ゼミ

マーケティング学科
企業の経営戦略やマーケティング戦略を考える
寺嶋ゼミでは、マーケティングリサーチを専門にしています。定量分析に関しては、統計用ソフトSPSSを使用し、データ分析の基礎を固めます。その基礎学力をつけたうえで、現在は、浄水器メーカー・タカギさんや、化粧品メーカー・長寿乃里さんとのPBLを行っています。

ゼミの取り組み

ビジネスコンテストで入賞
3年次ゼミの前期に、JTBなどが主宰する「大学生観光まちづくりコンテスト」というビジネスコンテストにゼミ全員で参加しました。4つの班に分かれて、多摩川ステージに臨みました。個人で頑張るのではなく、班のメンバーと協力して、現地にも何度も足を運び、今まで授業で習ったことなどを活用し、自分たちの提案を完成させました。その結果ポスターセッションに入賞しました。今後、就職活動など、様々な機会にこの経験を生かしていきたいと思っています。(桑田くるみ)

学生によるゼミ紹介

自由が丘の美容院のマーケティング策を立案

寺嶋ゼミの卒業生が勤務する、化粧品メーカーの長寿乃里さんとのPBLを行いました。長寿乃里さんが関係する自由が丘の美容院A店にご協力頂き、A店の現在抱える課題は何か、課題解決のための方策は何か、など話し合いました。最後の発表会は、長寿乃里さんや美容院A店の方々の前で行いました。またこのPBLは、他大学のゼミと合同で行ったため、自分たちにない分析手法やパワーポイントの作成方法なども学ぶことができ、とても良い経験になりました。
(田中 志織)

浄水器メーカー・タカギさんの企業見学会

2年次ゼミの後期で、浄水器メーカーのタカギさんを企業訪問しました。企業訪問は初めてでしたが、実際のオフィスは体験したことのない雰囲気で新鮮でした。そして、タカギさんの企業分析や、強み弱み分析などを、グループに分かれて社員の方々の前で発表しました。企業の方の前で発表することがないので、大学生活では気が付くことが出来ないアドバイスがとてもためになりました。さらに、社員の方とお食事する時間もあり、就活の体験談など様々なことを伺いました。このような貴重な経験ができるのも寺嶋ゼミの魅力です。(小暮 千尋)

卒業論文を執筆

寺嶋ゼミでは、これまでの学生生活で学んだことの集大成として、3年後期から4年前期の1年をかけて卒業論文を作成します。研究テーマは自分自身で設定するため、興味のあるテーマを研究します。研究テーマ発表会、中間発表会、最終発表会に向けて、ゼミ全体で計画的に作成を進めています。「聖地巡礼のマーケティング」、「DeNAの顧客獲得に関するマーケティング」「自身が住んでいる地域の街おこし策」など、それぞれが設定した好きなテーマで、一生懸命研究をしています。(齋藤 古都里)

毎日新聞を読むゼミ

各自が新聞を毎日読み、世の中の流れを把握するよう心がけていることも寺嶋ゼミの特徴です。就職活動時だけでなく、生きていく上で大きな力になるからです。ゼミの時間では、毎週一人がその1週間のなかで最も興味を持った記事とその内容を皆に知らせる「新聞発表」を行っています。発表を聞き、そこから各自新しい情報や知識が身につき、その場のみんなで意見交換をして、発言力や思考力、議論する力を身につけています。メンバー毎に違った記事を取り上げるので、それぞれの個性を活かせるゼミだと思います。(佐藤 優樹)

山中湖で3、4年合同合宿

2年次ゼミの春休みに、山梨県の山中湖へ合宿に行きました。先輩たちとの合同合宿です。初日は先輩たちとの交流を深めるために、体育館でスポーツ大会を行いました。自然豊かなところで汗を流し、リフレッシュしました。2日目は、ビジネスゲームを行った後、ビジネスコンテストの中間発表会をしました。そこで、先輩達からのフィードバックを頂き、スキルアップを図ることができました。とても良いゼミの思い出になりました。(野口 拓朗)
学生に期待すること
大学時代の人間関係が卒業後も確かなものとして続くかどうかは、大学時代、如何に密度の濃い時間を共に過ごしたかによります。ゼミを通じて、勉強にも、遊びにも、何事にも一生懸命取り組む、そんな有意義かつ充実した学生生活を送られることを願っています。