経営学部 杉田一真ゼミ

経営学科
マーケティングの理論と実践
マーケティング・プロジェクトを通じて理論と実践を学んでいきます。教室で理論を学んだ後は、街にフィールドワークに出ましょう。仮説を立て、現場で検証し、思考と行動を繰り返して学びを深めていくのが杉田ゼミのスタイルです。仲間と試行錯誤して提案書をまとめた後は、きっと自身の成長を感じられるはずです。

ゼミの取り組み

街を楽しくするマーケティングプロジェクト
指定された鉄道沿線で、一定の条件のもと、どの街でどのようなビジネスを展開するか検討し、事業提案を行うマーケティング・プロジェクトに取り組みます。3-4名のグループに分かれて、統計資料等による定量データの収集・分析と、フィールドワークやヒアリングによる定性データの収集・分析を組み合わせて実行し、ディスカッションを重ねて提案書をまとめていきます。このプロジェクトを通じて、マーケティング理論が実践の場でどのように活用されているのかについて具体的に学び、知識を身につけていきます。
自分らしさを磨くリーダーシップ開発
リーダーシップの基礎を学び、将来、社会や組織に主体的にかかわっていく力を養います。具体的には、マーケティング・プロジェクトを実践していく中で、リーダーシップの構成要素を一つ一つトレーニングしていきます。プロジェクト序盤では主に計画立案力を、中盤ではファシリテーション力やプロジェクトマネジメント力を、終盤では文書作成力やプレゼンテーション力を身につけていきます。リーダーシップを学び、伸ばしていくことが、最終的には“自分らしさ”を発見し、磨き上げていくことにつながることを期待しています。

学生によるゼミ紹介

私なりのリーダーシップを発見!

以前の私は、チームを引っ張るようなタイプではありませんでした。しかし、杉田ゼミでリーダーとリーダーシップの違い、ファシリテーションやプロジェクトマネジメントについて学習するうちに「私なりのリーダーシップ」の発揮の仕方があることに気づきました。それからは、どのような課題でも、どのようなメンバーでも、自分の力を発揮し、チームに貢献できるようになりました。杉田ゼミは、知識とスキルを身につけるだけでなく「自分らしさ」を再発見する機会を与えてくれました。個性がひらくゼミ!それが杉田ゼミだと思います。(小林 英恵)
学生に期待すること
人生を人一倍楽しむ意欲をもち、自ら仕掛け、挑戦しつづける人になってほしいと思っています。挑戦の先にあるものは、成功か失敗ではありません。成功か学びです。さあ、前だけ向いて一歩踏む出していきましょう!