経営学部 横井真人ゼミ

マーケティング学科
進化論を応用した企業の環境適応戦略の分析
当ゼミでは企業を取り巻く市場環境の変化に対し、企業がうまく適応出来た例、出来なかった例、その分かれ目は何だったのかを考えます。ダーウィンの進化論の概念を使って、業界にどんな変化が起こり、企業がその市場変化に対しどう戦略を立て進化してきたかを分析し、今後どの方向に進化するのかまでも想像します。

ゼミの取り組み

2年生はインプット・アウトプットを訓練
研究をする前提として、必要な情報を収集し、相手に的確に伝える能力が必要です。その基礎を鍛えるため、チーム単位で複数の業界についての新聞記事を時間内に読み、意見交換をし、業界が今どうなっているかを発表します。読解力と説明力を鍛えながら、知らず知らずに日本経済と産業のトレンドを学ぶことになります。最初は記事一つ読み解くのにも苦労していても学期の終わる頃には要点を踏まえた発表が出来、これまで習ってきた経営コンセプトが理解できるようにもなります。結果的に考えること、意見を持つことが楽しくなるようです。
2021年4月対面授業
3年生は進化論とその応用を段階的に
研究の視点としてまず生物学として進化論自体を学び、次に文明・文化発達の歴史を振り返り、最後に特定の業界の変遷と企業の対応を分析します。文化史研究ではダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」、ハラリの「サピエンス全史」などの名著も読み解き、化粧や結婚の時代毎の変遷もテーマとなります。このようにリベラルアーツ的発想から経営とは直接関係なさそうな事柄を学ぶことが、マーケティングで重要な顧客の理解、大きな時代の流れの把握、そして視点を変えることにより斬新なビジネス・アイディアに結びつくことを目指します。
2020年3月学位授与式

学生によるゼミ紹介

学ぶことの楽しさ

横井ゼミでは進化論や企業研究を通して考える機会が多くあります。一見経営学と関係のないようなテーマを扱うこともありますが、最後には有用性のある知識として残ります。最初は難しく感じていたことでも、“なぜ”の観点から考えることで物事のストーリー性が明確になり、論理的な思考力が身に付きます。私もゼミ活動を通して“学ぶこと”が好きになりました。知らない領域に飛び込み、新たに自分の知見となり、最終的にはそれらが線でつながったときの充実感は横井ゼミだから味わえることだと思います。“学ぶこと”はこの先も絶えず続いていくことです。そんな学びを楽しく捉えられるようなきっかけが横井ゼミには詰まっています!(宇田 幸哉)

あなただけの学びの場

私が思う横井ゼミの最大の特徴は、学びの環境が整っているところです。横井先生はゼミ生に対してWelcomeな姿勢で対等に接してくれます。そんな先生の授業ではオープンな雰囲気にゼミ生も混ざり合っていき、活発な意見交換が進んでいきます。そして授業内には、考えを言葉にして伝えるという発表の場がいくつも用意されています。そんな授業内での先生やゼミ生の言葉には人それぞれのヒントがたくさん詰まっています。ゼミ生一人一人目指すものは違う上で、自分に必要なものを好きなだけ吸収できる環境があるのです。当たり前のことのようですが、こうした環境はなかなかありません。当たり前なことができているこのゼミでの経験はきっとあなたの力になるでしょう。(岩崎 寿哉)

繋げる力

私が横井ゼミに入り1番成長したと感じる力は、「繋げる力」です。 一見ばらばらに見える「ダーウィンの進化論と企業の成長」、「農業の変遷と貧困・格差」などを授業のテーマとして動画を観たり新聞記事を読んだりし、感じたことを皆で共有することで繋がりが見えてくるようになります。更にそれを自分の生活や就活にあてはめると?と考えを深めることで、関係がないと思っていたことと自分を密接に繋げることができます。横井ゼミはゼミ生や先生との対話が多く、どんな意見でも必ず肯定的に受け入れてくれる環境です。就活に役立つだけでなく自分の世界を広く深くできる「繋げる力」はこれからの人生を豊かにする力ではないかと思います。(津村 悠理)

私が横井ゼミで身に着けたこと

横井ゼミは、【新聞記事を読む→ディスカッション→発表→コメントをもらう】の流れが基盤です。記事の内容を理解し、感じたことを自分の言葉で伝えます。次にゼミ生と意見をすり合わせ、グループの意見としてまとめます。最後に発表し合い、横井先生や他のゼミ生からコメントをもらいます。業界の知識はもちろん、読解力・相手に分かりやすく伝える力・他者と物事を進める力が自然と身に付きます。つまり、論理的思考力や協働力です。なにより、“思考の化学反応”が起こり、新たな視点が毎回生まれることが横井ゼミ最大の特徴です。今も学び途中ですが、横井ゼミで身に着けた力は自分の基盤となり、必ず就職活動や社会人においても必ず役立つと確信しています。(堤 真咲)

学ぶって面白い!

私が横井ゼミで身に付けたのは「知的探求心」です。ゼミでの学びは、大学生活はもちろん、就職活動へも大きく役立ってくれています。そしてきっと、社会に出てからも私を成長させてくれると確信しています。なぜなら「客観的に物事を捉え、『自分ならどうするか?』」と考えるからです。横井先生は私たちに必ず「どうしてそう思うの?」「それはなぜ?」と問いかけます。ただ、私たちに新しい視点を与えてくださるだけではなく、それをしっかりその人自身のものになるように学びを深めてくれるのです。そのおかげで、私は「学ぶことは本当に面白いもの」と感じるようになりました。横井ゼミでの学びは、私の大学生活の財産です。(福田 未玲)
学生に期待すること
ゼミでは探究心と自主性を重んじます。考えを発言したら、その根拠を示せ、というのが私の口癖です。説得力のある意見を出すことでお互いに理解し刺激し合うことが可能となり、将来の就職活動でも力となるのです。