SANNO VOICE

株式会社ユーグレナ 藤田杏奈さん [2016年卒業]

“親しみやすい”という強みを活かして、できる努力を積み重ねる

入社1年目で、社内の販売記録を樹立
株式会社ユーグレナは、私が大学2年生の時にインターンシップの授業で就業体験をした会社です。社会的にも注目されているバイオベンチャー企業で、若く、活気に溢れている会社というのが、その時の印象でした。縁あって入社し、1年目は「ミドリムシ飲料」の販売促進を担う部署に配属されました。業務内容は、全国のスーパーやドラッグストアなどを中心に協力店を獲得するとともに、店頭での商品販売も行います。営業活動では、自分の強みである親しみやすさを活かし、お客様との信頼関係づくりに力を注ぎました。例えば営業現場では、お客様が勧めてくださった商品を、一緒に試食しました。また、あるヨガ教室ではスーツ姿のまま、ヨガにチャレンジしました。自分に出来ることは、精一杯やってきました。そのような努力を積み重ねた結果、店頭での商品販売を行った際、1日で500本販売という社内のドリンク部門の記録を樹立することが出来ました。こうした成果が認められ徐々にお客様へ商品の認知度があがり、協力店も増え、自身の力で商品の拡大販売が出来たことは大きな自信につながりました。
価値観が違うのは、面白いこと
お客様と信頼関係を築くために心がけていたのは、人に壁を作らないという姿勢です。世代も価値観も経験も異なる方々と接するときは、緊張します。それでも短期間で信頼関係を築けなくては、営業担当者は務まりません。ヒントは大学時代に経験したグループワークにありました。「人とうまくやるのは大変だ!」、おそらくチームメンバーの誰もがそう感じていたと思います。この体験から「価値観は違って当たり前、だからこそ面白いのだ」と人に対する考え方が変わりました。この経験があったおかげで、よりリラックスして人と接することができるようになりました。入社2年目になって担当エリアも広がり、役割も増えました。これからも自分らしさを大切にしながら、様々なことにチャレンジしていきたいと思います。
※2018年掲載