台湾の学生と、スポーツプロモーション・イベントを実施!

台湾で実践!スポーツ・プロモーション

SANNOの授業を台湾でも実践

SANNOの人気授業に「スポーツ・プロモーション」があります。これは横浜DeNAベイスターズとの連携授業で、ベイスターズのイースタンゲームの動員イベント企画を考えるとともにイベント運営に携わるというものです。この授業を台湾でも実施してみよう!というのが今回の試みで、私たちは台湾にある姉妹校の銘傳大学の学生たちとともにプロ野球の試合の動員イベントを企画・運営することになりました。言葉が通じない相手といかに合意形成を行い、協働できるのか?不安はありましたが、とにかくやるだけやってみようという思いで、挑戦しました。

英語の必要を実感した体験

イベントでは、観客に両大学の紹介をするとともに、体力測定のサービスを提供しました。このような試みは台湾では少ないようでしたので、反響があり、いい経験になりました。またコミュニケーションに苦労をしながらも銘傳大学の学生たちとの交流を楽しめました。しかし、もう少し英語がうまく話せたら、さらに親交を深められたと思います。その意味で、英語力の必要を痛感しました。それでも初対面で言葉や文化が異なってる人とも物怖じせずにコミュニケーションを取り、行動できたことは、自信になりました。
学生発!アクティブレポート レポーター
嶋田 友哉 3年
神奈川県立茅ヶ崎西浜高等高等学校出身