マーケティング学科

興味・関心×フィールド専門科目

世の中のトレンドをいち早く察知し、消費者ニーズを探る力を養い

企業や街とのタイアップを通して、理論と実践を繰り返し学びながら、

実社会で直面するリアルな課題の発見と、解決力を身につけます。

学びのポイント

4つのフィールド

興味・関心に合わせて「マーケティングリサーチ」「グローバルマーケティング」「ワン・トゥ・ワン・マーケティング」「カスタマー・マーケティング」の4つのフィールドから学びます
マーケティング・リサーチ・フィールド
ヒット商品を生むには、顧客ニーズを的確にとらえ、ニーズに適合した商品を創ることが重要です。この顧客を知るための活動がマーケティング・リサーチです。
このフィールドでは、調査・リサーチのノウハウを理論・実践の両面から学びます。
●フィールド調査の基礎(演習)
●調査・リサーチ活動の進め方(理論)
●行動観察で消費者を知る(演習)
●デジタル・マーケティング(理論)
グローバル・マーケティング・フィールド
グローバルな市場に打って出るには、自社の製品やサービスをいかに世界の顧客に届けるか、プロモーション活動を通じてどのように自社のブランド力を向上させるかが重要です。
このフィールドでは、広く世界に目を向け、グローバル企業のブランディングやプロモーション戦略を学びます。
●広告制作講座(演習)
●グローバル・プロモーション(理論)
●ブランドマネジメント実践(演習)
●グローバル・ブランディング(理論)
カスタマー・マーケティング・フィールド
顧客を知り、顧客の潜在的なニーズをつかみ、そのうえで、顧客に対してどのような戦略提案を行うべきかを学びます。
このフィールドでは、実践的な場で応用できることをゴールに、ソリューション・セールスのプロセスを身につけます。
●売上データ分析の基礎(演習)
●セールス・マネジメント(理論)
●コンサルティング・セールス(演習)
●顧客関係とマーケティング(理論)
ワン・トゥ・ワン・マーケティング・フィールド
自分をどう印象づけるか、その上で、他者との1対1(One to One)の関係をどのように作るか、さらに、いかに他者と協働して目標を達成するかを学びます。
このフィールドでは、人との関係性に焦点を当て、自他を尊重してWin-Winの関係を構築する手法や個々の個性を生かした自己表現の手法を身につけます。
●アサーティブ・コミュニケーション(演習)
●クリティカル・シンキング(理論)
●自己プロデュースを学ぶ(演習)
●セルフ・マーケティング(理論)

学生の声

阪本 彩音 2年 神奈川県立 川和高等学校出身
マーケティングの学びで鍛える思考力は、さまざまな分野で役立つと思います
高校までに蓄えてきた知識の活用方法を学びたいと思い、実践教育に力を入れるSANNOへの進学を決意しました。マーケティング学科を選んだのは、商品開発の仕事に興味を持ったからです。売れる商品を作るには、消費者の心理や思考について学ぶ必要があります。また、変化が著しい現代社会を生き抜くためには、マーケティングの知識が必要だと思いました。「なぜその商品が売れると言えるのか?」自分の意見の正当性をデータや消費者の心理を分析しながら証明し、論的に説明していく。マーケティングの学びを通して身につく力は、社会のありとあらゆるシーンで役立つと思います。

Pickup授業!

行動観察で消費者を知る
たとえばある人がアンケート調査で「買いたい」と答えたとしても、必ずしも「買う」という行動を起こすとは限りません。だからこそ、数字という一面から全てを判断するのではなく、消費者の行動や心理も観察する必要があるのです。この授業を履修したことで、広く、多様な視点から世の中を見る習慣が身につきました。