~内定者の声~川鈴木伊吹

川鈴木 伊吹
内定先:株式会社ジェイアール東日本企画
出身校:東京都私立錦城学園高等学校

マーケティングの理論と実践の授業を通して
“人の心を動かす広告” に興味を持ちました

キャリアサポートプログラムや授業でビジネスを体感する中で見つけた将来の方向性
大学でマーケティングを学ぶ中で、広告代理店の仕事に興味を感じるようになりました。ジェイアール東日本企画を志望したのは、JRグループならではの生活者に密着したマーケティングができると思ったからです。また、JRの仕事だけでなく、一般企業の広告にも力を入れていて、仕事の幅が広いことが魅力でした。

しかし、最初から就職先を広告業界だけにターゲットを絞っていた訳ではありません。SANNOには1年次からキャリアについて考える授業があり、自分にはどんな志向や適性あるのか、将来についてじっくり考える機会と時間がありました。また、実践的な授業の中で、ビジネスを体感できることも、将来を考えるうえでとても有益でした。
授業をきっかけに得られたマーケティングへの興味と将来の目標
最初に、広告に興味を持ったきっかけは、3年次に受けた「ケースで学ぶマーケティング」という授業でした。様々なマーケティング手法を事例に紐づけて学ぶ授業でしたが、授業を担当していた先生がジェイアール東日本企画にいらした方ということもあり、企業のリアルなマーケティング戦略を学ぶことができました。

さらに「マーケティングプロジェクト」という授業を経験して、自分が目指す将来の方向性が定まりました。授業では、企業が抱える課題に対し、チームで企画提案するのですが、私は、株式会社日本テレビ放送網(日テレ)に対して次世代の動画広告を提案しました。提案内容が認められれば、日テレ本社で社員の方々を前にプレゼンテーションの機会が与えられるということで、今まで感じたことのないプレッシャーや緊張感の中、持てる力の全てをプロジェクトに注ぎました。こうした努力の甲斐もあり、私のチームは日テレ本社でプレゼンテーションを行うことができました。この経験を通して「面白い企画には、人の心を動かす力がある」そんな仕事に携わりたい。就職先として、広告代理店を目指そうと考えました。
就職活動はセルフ・プロモーションの場
就職活動では、いかに自分という人間に興味を持ってもらうかが大事です。自分の顔の印象、人間性が伝わりインパクトがあるエントリーシートの作成など、ここでもマーケティングの授業で学んだセルフ・プロモーションの知識が役立ちました。

大学の4年間は、人生の道筋を決める大切な時間であり、自分を成長させてくれました。将来は斬新なアイデアで社会に影響を与えられるような仕事をしたいと思っています。