ジェネリックスキル養成プログラム

グローバル社会が人材に求める汎用的な力、
ジェネリックスキルを養成するプログラム

次々と新しいモノやサービスが生まれ、移り変わりの激しい時代に何を学べば良いのか?
どんな時代が来ても、どこにいても通用するスキルは、汎用的なスキル=ジェネリックスキルと呼ばれています。
産業能率大学は、このジェネリックスキルを測定するPROGテストを導入し、学生教育に活かしています。

SANNOのジェネリックスキル養成プログラム

ジェネリックスキル測定テスト「PROG」で、自分の得意・苦手を把握する。

全学生が入学時から3年次まで、毎年「PROG」テスト(※)でジェネリックスキルを分析し、習熟度を測ります。
※「PROG」テストは、大手学習塾学校法人河合塾と株式会社リアセックが「社会人基礎力」(経済産業省)や「学士力」(中央教育審議会答申)、あるいは文部科学省が主導する「就業力育成事業」などが示す指標に基づき共同開発したジェネリックスキル測定テストです。

「社会に出るまでにどんな力を強化しておくべきなのか」を意識しながら学びを進める。

「PROG」テストの測定結果から見えてくるのは、ジェネリックスキルを構成する2つの力(コンピテンシー、リテラシー)の充足度です。
コンピテンシーとは、さまざまな経験を積むことで身につく行動特性を指し、リテラシーとは知識を活用して問題を解決する力を指します。例えば、交渉力やコミュニケーションはコンピテンシーのカテゴリーに、データを分析する、グラフを読み解く力は、リテラシーのカテゴリーに属します。
1年次から段階的に発想力、論理構築力、思考力、交渉力、企画力、企画書作成力、問題発見力・解決力を鍛えます。

Report|学生の声

自分の長所は、短所でもある。
ジェネリックスキルテストからわかったこと

「PROG」テストの結果を見た時に、突出して高い項目がありました。それはコンピテンシーの中の対人力でした。その結果を見て、自分でも納得できました。僕はアルバイト先でも、普段の私生活においても、人と接することが好きです。周りの人からも『人懐っこいね』と言われます。それでも問題は、その数値が高すぎたことでした。自他共に長所を認めてしまうと、傲慢になりやすいからです。長所が強すぎるとそれは短所に近づいてしまう。

この結果が出たことで、自分なりに謙虚に振る舞うことを心がけるようになりました。それまで以上に人との距離が取りやすくなった気がします。志望通りの就職活動ができたのも、自己分析がしっかりできていたからだと思います。
(立馬 悠平 東京都立若葉総合高等学校出身)