ジェネリックスキル養成プログラム

グローバル社会が人材に求める汎用的な力、
ジェネリックスキルを養成するプログラム

次々と新しいモノやサービスが生まれ、移り変わりの激しい時代に何を学べば良いのか?
どんな時代が来ても、どこにいても通用するスキルは、汎用的なスキル=ジェネリックスキルと呼ばれています。
産業能率大学は、このジェネリックスキルを測定するPROGテストを導入し、学生教育に活かしています。

SANNOのジェネリックスキル養成プログラム

ジェネリックスキル測定テスト「PROG」で、自分の得意・苦手を把握する。

全学生が入学時から3年次まで、毎年「PROG」テスト(※)でジェネリックスキルを分析し、習熟度を測ります。
※「PROG」テストは、大手学習塾学校法人河合塾と株式会社リアセックが「社会人基礎力」(経済産業省)や「学士力」(中央教育審議会答申)、あるいは文部科学省が主導する「就業力育成事業」などが示す指標に基づき共同開発したジェネリックスキル測定テストです。

「社会に出るまでにどんな力を強化しておくべきなのか」を意識しながら学びを進める。

「PROG」テストの測定結果から見えてくるのは、ジェネリックスキルを構成する2つの力(コンピテンシー、リテラシー)の充足度です。
コンピテンシーとは、さまざまな経験を積むことで身につく行動特性を指し、リテラシーとは知識を活用して問題を解決する力を指します。例えば、交渉力やコミュニケーションはコンピテンシーのカテゴリーに、データを分析する、グラフを読み解く力は、リテラシーのカテゴリーに属します。
1年次から段階的に発想力、論理構築力、思考力、交渉力、企画力、企画書作成力、問題発見力・解決力を鍛えます。

学生の声

毎年「ジェネリックスキル」をテストで確認
自分の強み、弱みを知るからこそ、目標が立てられる

小寺 咲貴子 経営学部2年 埼玉県立川口北高等学校出身
自分の弱点を理解し、授業で克服する
SANNOでは1年次から、社会が求める力「ジェネリックスキル」を測るテスト「PROG」(プログ)を受けます。このテストでは、自分が在学中に伸ばすべき力がわかります。
1年次に受けたテストでは、リテラシーの中の“計画立案力”が弱いという判定が出ました。中学・高校でもテスト直前になって慌てて勉強をするなど、思い当たることはありました。そこで、“計画力”の向上を意識して授業に臨もうと目標を立てました。

“計画力”が必要となる機会はすぐに訪れました。1年次ゼミのPBL(課題解決学習)で、沖縄県石垣市の観光に関するゼミ対抗のプレゼンテーションに取り組むことになったのです。チームで進めるプロジェクトのため、メンバーと役割を分担し、企画提案までまとめていく必要があります。また、プレゼンテーションの発表日までに、調査・分析、企画立案、資料作成、発表練習と多くのタスクを、スケジュールに落として進めなくてはなりません。このPBLを通して、ジェネリックスキルの“協働力”や“目標達成力”は、“計画力”が伴ってこそ発揮できる力だと気づきました。
1年間で「計画立案力」「課題発見力」の成長を実感
2年次のPROGテストを受けた際には、1年間で力がついた実感がありましたが、“計画立案力”に加えて“課題発見力”などが明らかに伸びていました。
2年次には、企画、組織をマネジメントする力を身につけたいと思い、「自由が丘イベントコラボレーション」を履修しました。この授業では、50万人以上が参加する自由が丘の街のイベントの企画・運営に携わります。一人では達成できないことや、一日では成し遂げられないことを「組織でいかに連携するか」「計画的に実行するか」について試行錯誤しながら取り組みました。
次の目標はゼミで「実践力」を伸ばすこと
毎年、定期的にPROGテストを行うことで、着実にジェネリックスキルが伸びているという手ごたえを得ることができました。3年次からは“実践力”を伸ばしていきたいと思います。これまでは計画性やリスクを意識するあまりに、大胆な行動を避ける傾向にありました。専門ゼミの活動を通して、失敗を恐れずに積極果敢にアクションを起こす、「実践力」を伸ばすことが今後の目標です。