2021.08.16
経営学部生が「きもの装いコンテスト」世界大会 振袖の部で2位を受賞!
公益社団法人全日本きものコンサルタント協会主催の「2021 日本の心と美の祭典 きもの装いコンテスト 世界大会」の振袖の部に、経営学部4年生の木学里奈さんが出場し、第2位を受賞しました。

同コンテストは2020年12月に東北、関東、東海・中部、関西、中国・四国、九州の6地区にて予選を実施、木学さんは関東地区の振袖の部 準女王に選ばれ、関東代表として2021年6月の世界大会へ出場しました。

木学さんは成人式をきっかけに着付けを習い始め、半年後に教室の先生の勧めから2019年度の関東大会へ出場。当時は予選通過とはなりませんでしたが、その後も成人式の着付けの手伝いに携わり、晴れ晴れとした新成人たちの姿を目の当たりにし、着物への想いを再確認。また、学びの成果を形に残したいと思い、リベンジとしてのコンテスト再出場でした。

Student's Voice

まず、世界中がコロナ禍という大変な状況にありながら、大会開催をご決断いただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。関東大会準女王、世界大会第2位という栄誉ある賞をいただき、大変光栄に思います。

昨年のコロナ禍の自粛期間を着物と向き合う時間に充てたことで、改めてその奥深さや着装の楽しさを実感いたしました。そして、本大会で賞をいただいたことで、素晴らしい日本の伝統文化をもっと多くの方々に広めていきたいという気持ちが強くなりました。これからも、自身が着物を装うことで、着物文化の継承と発展に微力ながらお力添えできるよう、精進してまいります。
≪受賞内容≫
・2020年12月6日 開催「2021 日本の心と美の祭典 全日本きもの装いコンテスト 関東大会」振袖の部 準女王
・2021年6月6日 開催「2021 日本の心と美の祭典 全日本きもの装いコンテスト 世界大会」振袖の部 第2位

≪きもの装いコンテスト≫
着装技術、容姿、立居振舞、情緒、言葉遣い、レポートなどの審査による、きものの装いを競うコンテスト。
学校対抗、振袖、留袖、子供、外国人などの部門にて行われ、振袖、留袖、カジュアル部門から「きもの装いの女王」が1人選ばれる。