新型コロナウイルス感染症対策に伴う学生への経済的支援について

新型コロナウイルス感染拡大の影響により生活困窮となった学生への経済的支援として、以下の給付金および奨学金の申請を受け付けております。申請手続き方法は、詳細ページおよびポータルサイトCa-In の「奨学金に関すること」でご案内しています。

日本学生支援機構奨学金(家計が急変した学生への支援)

新型コロナウイルス感染拡大の影響により家計が急変し奨学金を緊急に必要とする場合、年度の途中でも申請でき、日本学生支援機構での審査のうえ、奨学生に採用される場合があります。


新型コロナウィルス感染症の影響による家計急変のため、学費等の支援を希望される方は、以下の資料をご覧ください。

日本学生支援機構給付奨学金(家計急変)

【要件等の詳細】
日本学生支援機構の案内「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援」を確認してください。

<家計急変の事由>
新型コロナウイルス感染症に係る影響により家計が急変した場合であって下のA~Cのいずれにも該当しない場合には、「D:生計維持者が震災、火災、風水害等に被災した場合」に類するものとして、取り扱われます。

A.生計維持者の一方(又は両方)が死亡
B.生計維持者の一方(又は両方)が事故又は病気により、半年以上、就労が困難
C.生計維持者の一方(又は両方)が失職(非自発的失業の場合に限る)
D.生計維持者が、震災・火災・風水害等被災した場合であって次のいずれかに該当
 ①上記A~Cのいずれかに該当
 ②被災により、生計維持者の一方(又は両方)が生死不明、行方不明、就労困難など世帯収入を大きく減少させる事由が発生
・家計急変事由発生から3ヶ月以内に申請する必要有り
 ※ただし、急変事由が進学前の2019年1月以降、2020年3月以前に発生した場合は、進学(進級)後2ヶ月以内に申し込む必要有り

申請にあたっては、家計急変後の年間見込収入に基づく日本学生支援機構「進学資金シミュレーター」の「給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)」で対象に該当するかあらかじめ確認してください。その他、申請条件として、学業成績等に係る基準があります。推薦基準による審査がありますので、申し込んでも必ず採用されるとは限りません。
また、既に「給付奨学金」を申請し、採用となった方が家計急変に申請する場合、決定している支援区分の奨学金金額より、受給額が少なくなったり、0 円となったりすることがありますので、留意のうえ申請してください。

【資料申請と申込方法】
申込希望者は、学生ポータルサイト「Ca-In」にてお知らせしている案内に沿って、資料を請求してください。送付資料に同封するご案内を確認のうえ、所定の申請手続を行ってください。
なお、条件を満たさず給付奨学金の申請対象とならない場合でも、以下の貸与奨学金申請対象となる場合があります。(こちらも改めての申請が必要となります。)

日本学生支援機構貸与奨学金 緊急採用、応急採用

緊急採用: 第一種奨学金 《貸与奨学金(無利子)》
応急採用: 第二種奨学金 《貸与奨学金(有利子)》

【要件等の詳細】
日本学生支援機構の案内「緊急採用・応急採用」を確認のうえ、各学部の学生サービスセンターまで相談してください。
【お問い合わせ先】
■経営学部
学生サービスセンター TEL:03-3704-1211
[9:00~17:00 土・日・祝日を除く]

■情報マネジメント学部
湘南学生サービスセンター TEL:0463-92-2214
[9:00~17:00 土・日・祝日を除く]