経営学部 准教授

番田 清美
BANDA Kiyomi
■学位
教育学修士

私のキャリアは、NTT本社・役員秘書から始まりました。結婚退職。子育てをしながら英語教室主催。通信教育で教員免許を取得した後、高校で5年間英語講師をしました。その際、生徒たちの心の機微に触れ、心理を学ぶために東京学芸大学大学院に進学します。と同時に、東京学芸大学にて学修・キャリア支援事業に6年半従事しました。ここでの仕事「キャリア教育」、「英語教育」さらに「発達心理学」が私の現在の専門になっています。グローバル人材の育成に意欲を燃やしているところです。皆さんと共に、学んでいくことを楽しみにしています。キャンパスでお会いしましょう!
  • 担当授業

    ■基礎ゼミ、2年次・3年次・4年次ゼミ、英語Ⅰ、キャリアを考える

  • 専攻・専門分野

    ■発達心理学(青年期のキャリア発達)、グローバル人材育成

教育研究業績
■教育上の能力に関する事項

・東京学芸大学「学芸カフェテリアによる学修・キャリア支援」プログラムの立案・実施(2008-2014)
・高等学校英語授業における English Haiku 作成指導(2006-2008)

■研究業績等に関する事項

【著書】
・番田清美(印刷中)キャリアから見る文化/文化から見るキャリア 木戸彩恵・佐藤達哉(編)文化心理学-理論・各論・方法論 ちとせプレス
・番田清美(2016)一般教養科目の授業がファシリテーションで変わる!決められた枠でもアクティブにするポイント 中野民夫・三田地真実(編)ファシリテーションで大学が変わる アクティブ・ラーニングに命を吹き込むには, ナカニシヤ出版
・番田清美(2015)キャリア・アイディティティ・ワーク 安田裕子・滑田明暢・福田茉莉・サトウタツヤ(編)TEA実践編-複線径路等至性アプローチを活用する~- 新曜社 p229-239.
・番田清美(2012)キャリアガイダンスの課題と未来 若松養輔・下村英雄(編)大学生のキャリアガイダンス論—キャリア心理学に基づく理論と実践— 金子書房 p168-179.
・番田清美(2012)大河ドラマから生まれたコミュニティー 大石学(編)大河ドラマをつくるということ—時代考証学の提唱— 名著出版 p.253-265.

【学術論文】
・Banda, K., (2018). Introduction of TEM (Trajectory Equifinality Modeling): A methodology for analysing career development, Proceeding Seminar and Workshop Educational Psychology, 1-7, Universitas Pendidikan Indonesia, Bandung, Indonesia
・Banda,K. (2016). Career development of Japanese university students, The International Conference on Educational Technology of Adhi Buana (ICETA8).10-16, University Press UNIPA Surabaya Indonesia
・Banda,K.(2014). Transition from school to work of university students in the Japanese context, Journal of Career and Livelihood Planning,3(1), 26-31
・番田清美(2014).大学でのキャリア支援事業を『共生』の視点からとらえる。—東京学芸大学「学芸カフェテリア」の事例—,共生と修復,4, 51-53

【その他】学会発表等
・Kiyomi BANDA, Shinkichi SUGIMORI, Tatsuya SATO, Yuko YASUDA, Yuhiko TOYODA, Ramlee MUSTAPHA (2018). Career choice trajectory of the Japanese emerging adults who go to middle class universities, Inveited Symposium, Career development in lifelong learning society: Dialogical self on career stages, 10th International Conference on the Dialogical Self, Braga, Portugal(June 14th)
・Kiyomi BANDA (2017). Career development of Japanese University students in middle classed universities, Qualitative research on transformation from sophomore to junior, IAEVG International conference, Mexico City, Mexico (Novermber 29th)
・Kiyomi BANDA (2016). Career Identity Work: visualizing dialogical selves at the bifurcation points of adolescents' career development, The experience of bifurcation point where DS and TEA meets (Invited Symposium), 9th International Conference on the Dialogical Self, Lublin, Poland ( September 9th)
・Kiyomi BANDA, Namiko TAKAHASHI, Tatsuya SATO, Yuko YASUDA (2015). Career Identity Work: Visualization of the Process of Students' Career Development in School-to-Work Transition, IAEVG International Conference, Tsukuba, Japan (September 21st)
・In Heok LEE, Kiyomi BANDA (2015). Development of Japanese Version of the Career Indecision Profile, IAEVG International Conference, Tsukuba, Japan (September 21st)