キャンパス魅力向上運動

後援会では、学生の様々な学習活動を支援しております。1996年度よりスタートした「キャンパス魅力向上運動」は、魅力あるキャンパスづくりを目的に、“どうしたら”大学生活が面白くなり、“どんな”大学なら誇りが持てるのか。そのための企画を学生が考え、実行するものです。

後援会ではこれらの企画実行のための支援ならびに、実行された企画に対する表彰制度を設けております。

2020年度キャンパス魅力向上運動 企画一覧

                                                                      
企画名 団体名 企画概要 後援会役員による講評(一部抜粋)
Sharesの企画に参加してスタンプを貯めよう! Shares
(自由が丘)
1年生に向けたShares企画の認知度ならびにリピート率の向上を目的に、スタンプカードを発行する。 ・企画時はまさかここまでコロナの影響が続くとは思わなかったと思います。来年度に期待すると共に、変化に柔軟に対応できる力に代えていって下さいね。

・コロナ過において、Sharesの参加促進は、より重要かと思います。工夫して継続して下さい。
SANNO SPORTS DAY 情報マネジメント学部
中川ゼミ(3年)有志
小学生に、ブラインドサッカーについてクイズで知ってもらい、チームワーク・集団行動を学んでもらう。 ・コロナの影響のために密を避け、グループ分けイベントの縮小化、またzoom使用という新しい体験ができ、とても良い企画だと思います。

・コロナによる運動不足は子供だけでなく、学生を含めた社会問題になっていると思います。更にもう一工夫して対象を拡大した活動にするともっと良い企画にできると思います。
本に親しもう
~私たちが推薦する図書~
L.L.L.(Library Lead Leagues)同好会 図書館の利用促進のため、学生が選んだ推薦図書の紹介コーナーを設置する。 ・学生の視点での「おすすめ本」はとても魅力に思います。本の楽しさを多くの人に伝えられる様頑張って下さい。

・コロナ過の中お疲れ様でした。電子書籍はこれからとても重要です。認知される工夫を考え、もっと広めて下さい。期待しています。
1年生の学修内容を広く関係者に伝えるための方策 経営学部 基礎ゼミSA一同 コロナ禍により、中止となった学園祭での成果発表会をオンライン形式にて実施。 ・非常に意義のある取り組みだと思います。次回はもし通常の発表会ができる状況になってもリモートでの発表を行うことを継続してはどうでしょうか。発表を観る人が増えるのはいいことです。

・今後は対面、zoom等web形式の各々のメリットをより活かすことが重要になり、一層の工夫を期待します。
Go To にのみや
~秋のイイトコ探し~
情報マネジメント学部 中川ゼミ有志 二宮町の“イイトコ”を実感できるイベントを企画し、二宮町の関係人口(ファン)を増やす。 ・観光協会が企画する旅行イベントとしても実際に通用する内容だと思います。これからも継続して、よりレベルの高いものを実現して下さい。

・イベント開催の手法に新規性、工夫を感じました。良い経験をされたなと思います。二宮町の良さをIT技術を使って広めていく方法を継続して探っていって欲しいと思います。
聖夜祭 自由が丘キャンパス学生会 コロナ禍の中、なかなか登校できない学生に、キャンパス内をイルミネーションで装飾して沈鬱した雰囲気を払拭させる。 ・思うようにキャンパスライフが行えず、気が滅入るような状況を少しでも明るくしようとする努力は貴重だと思います。

・このような世の中だからこそアイデアを出して少しでも気持ちが前向きになるような取り組みができたことに来校者は嬉しかったと思います。
新春お楽しみプレゼント!企画 セザンジュ 退構時に提出する行動記録カードを活用し、学生にこの1年を表す漢字1文字を選出してもらう。関係者にて審査し、選出された学生には自由が丘の案内人“セザンジュ”イチ押しの自由が丘の逸品を贈呈。 ・参加人数が多数となった大イベントの企画となり、自由が丘の街と学生との距離を縮めたいとした目的と学生への元気づけを目的とした企画で大変良かったです。

・特に1年生は入学以降、大学との繋がりが薄く、それを補って頂けるのは有難いです。
近隣中学校との交流会
~八幡中プロジェクト~
経営学部 田中彰夫ゼミ有志 近隣中学校支援学級との交流会企画。交流会を通じてクラスの団結力や個々の力を増幅できるようなレクリエーション等を実施。 ・コロナで行動が制限とれる中で支援学級の生徒さん達と交流することを色々考えたのだと思います。この経験を次に活かして欲しいです。

・「多様な価値観」「人の目線に立つ」「PDCAサイクル」と企画から大切なことを学ばれと思います。この経験が必ず役に立つと思います。
Shares 就活支援企画 Shares
(自由が丘)
就職活動を終えた4年生がコロナ禍での就活など、体験談をベースに後輩たちへレクチャーするオンラインイベントを企画。 ・本年度の4年生は特殊環境下での就活になったと思います。貴重な体験談を学校の資産として次世代に伝えていって欲しいです。

・就活はより多くの人たちと情報を共有することで不安も少なくなるものです。キャリアセンターの機能を補填する意味でも学生全体の取り組みは重要だと思います。継続して教育の文化にして下さい。
書籍を用いた探究スペース利用向上促進 Shares
(自由が丘)
を学生が利用したいと思える探究スペースの環境づくり。学習サポートツールとなるような書籍の設置。 ・コロナの影響で思うような活動が出来なかったのが残念です。新規活動の案としては素晴らしいと思います。大学、教員の寄付の書籍も設置できたことが良かったです。

・資格取得は今後の人生においてプラスになります。利用者に向け、資格の活用法や将来性など表示されると良いかもしれませんね。
Scratchを使ったモノづくりワークショップの開催 SANNO SCRATCH TEAM Scratchを使って子供達にコンピューターでものを作る楽しさなどを体験してもらう。 ・子供を対象とし、プログラミングにより子供達が早くから論理的思考力を高められる手助けとなる企画で楽しく行われていた様子がうかがえました。

・子供達にプログラミングの機会を提供することは草の根活動としても日本に大切だと思います。工夫して継続していって頂きたいです。
図書館運営支援団体の活動活性化およびmanaba活用による図書館・学生間の対話促進 自由が丘 ライブラリーサポーター 学生による図書館利用促進および利用環境充実のための企画立案。学内ネットワークを活用した、学生への情報発信。 ・多くの学生がもっと図書館を利用し活用することを期待しています。確かに今の若い人達はオンラインオフラインを融合させたものの方が興味を持ってもらえるのではと思います。この時代の流れに沿った活動の活性化も頑張って下さい。

・外部環境の変化による発生した新たな課題を見つけ、対策を考え、実行出来たことが素晴らしいです。