メディア掲載

「デジタル社会で生きるための学び」川野邊教授×大学研究家山内太地氏がYoutube対談!

大学研究家の山内太地氏と情報マネジメント学部の川野邊誠教授による、デジタル社会で生きるための学びについての対談動画が、“オンライン家庭教師のメガスタ”公式Youtubeチャンネルで公開中です!
文系・理系問わず、これからのデジタル社会で生きて行くために必要な知識と学び、その学びを実現するデジタルビジネスコースやコンテンツビジネスコースについて川野邊教授が解説しています。ぜひご覧ください!

文系志望の人必見!?これからのデジタル化社会で生きて行くために!

アニメ、漫画、ゲームなどのコンテンツに興味あり!何を学べば良い?

文系に進学しても理系の勉強が必要!?

デジタルビジネスデザインコースが誕生!

対談の中でもご紹介したデジタルビジネスデザインコースが、2021年4月、情報マネジメント学部に誕生します!
2030年に45万人不足すると言われるデジタルビジネスプロデュース人材を、産業能率大学独自のカリキュラムで育成。AI、IoTなどのデジタル・テクノロジーやビッグデータなどの情報技術を統合的に理解・駆使し、新たな価値、新たなビジネスを創造する力を身につけます。
≫詳しくはこちら
【“デジタルデザインビジネスコース”を学生が動画で紹介!】
川野邊ゼミの学生が制作した、同コースのプロモーション動画「好奇心に素直になろう」「デジタルビジネスが未来を拓く」を公開中!
≫学生制作「コース紹介動画」(リンク)

コンテンツビジネスコース

映画、音楽、アニメ、ゲーム、イベントなど、人を楽しませるコンテンツを扱うことで、成功を収めるビジネスがあります。国はクールジャパンと称してコンテンツビジネスの振興を国策として力を注いでおり、その市場規模からも日本の大事な産業となっています。
このコースでは、コンテンツビジネスの構造を理解するとともに、自らコンテンツプロデュースに携わることで、「人々を楽しませるビジネス」について体験から学んでいきます。
≫詳しくはこちら