経営管理コース(MBA)

高度なマネジメントスキルを持つ経営管理のプロフェッショナルへ

発想力と説得力が磨かれ、提言の質が高まる。学修の効果を日々職場で実感しています。

経営管理コース 2019 年3 月修了 上杉 有貴子

教授陣はビジネスの現場を知り尽くす「実務家」や「本学総合研究所コンサルタント」

本学大学院の教員は、その90%が実務家で構成されています。 また、産業界において社会人教育などを行う本学総合研究所のコンサルタントも指導にあたります。 ビジネスの第一線で意思決定や問題解決に携わるプロフェッショナルが授業を担当し、培われたノウハウや知見を具体的な事例を交えて伝えることが、体系的なマネジメント理論や実践的な専門スキルの修得を加速させます。

課題を鳥瞰的にとらえる。自分の中にある常識を疑う。年齢や経験が異なる人々から多くの刺激を受けました。

経営管理コース 2019 年3 月修了 髙雄 文仁

ハイレベルなディスカッションから得られる新たな視点

本学大学院では、授業や課題の研究、修士論文の作成プロセスにおいても、学生同士によるディスカッションが中心になります。
自分にはない多様な意見や視点を得られる機会の多さが、高い満足度を生み出しています。

「経営管理研究」で実践的な問題解決力を養成

1年次後学期からの「経営管理研究」では、次のいずれかに取り組みます。
①自組織や現在の社会が直面するマネジメントに関する課題について具体的な解決策としてまとめる「マネジメントに関する問題解決ゼミ」。
②マネジメント上の諸問題についての研究成果を学術論文としてまとめる「経営管理特別演習(修士論文)」。
理論面に加えて実践的側面を重視しており、実務にも精通した教授陣が指導を行います。

Faculty’s Voice

研究の成果は、企業の最前線で「実践力」となって表れます
「マネジメントに関する問題解決ゼミ」では、学生が提示した組織の問題や独自の課題を研究対象に、課題発見力や的確な解決策を提言する力を養う訓練ができます。
一方で、「経営管理特別演習(修士論文)」では、先行研究を元に自分なりのクエスチョンを立て、データに基づいた科学的な分析・実証力を身につけていきます。
これらを総合的に活かし、企業の最前線で実践できることを最終目的として論理的思考力を磨いていきます。